2021年9月9日、メルセデス・ベンツ日本は4ドアクーペ「CLS」の一部変更を行ったと発表。フロントデザインの変更や快適性装備の向上などを図られるとともに、特別仕様車「メルセデスAMG CLS53 4マティック+ エディション1」(世界限定300台)の販売も開始された。納車は標準車ともに2022年第1四半期を予定している。

全モデルにヘッドアップディスプレイを標準装備

流麗なフォルムが印象的なメルセデス・ベンツの4ドアクーペ「CLS」にアップデートが行われた。前傾したフロントエンドの刷新と快適装備の充実、そしてボディカラーの選択肢を広げる「Individualization プログラム」やスポーティな印象を高める「カーボンパッケージ」を設定するなど、選択肢を拡大した形だ。

フロントエンドから話を進めよう。「CLS220d スポーツ」と「CLS450 4マティック スポーツ」(以下、CLS450)のそれは、「スターパターングリル」と呼ばれるデザインに刷新された。下部に向かって広がるダイナミックな台形型グリルの中には、マットクローム仕上げの小さなスリーポインテッドスターが無数に散りばめられた、シングルルーバータイプのもの。ホイールデザインも一新され、「CLS450 4マティック スポーツ」ではホイールサイズを19インチから20インチへと大型化された。

一方の「メルセデAMG CLS53 4マティック+」(以下、AMG CLS53)は、縦にルーバーの入ったAMG専用ラジエーターグリルへと変身した。また、このモデルに新しく設定された「カーボンパッケージ」では、ドアミラー、スポイラーリップ、トリムなどがカーボンにとなり、レッドブレーキキャリパー、マットブラックペイント20インチAMG 5ツインスポークホイールを装着される。

インテリアにおいては、ステアリングホイールが最新世代バージョンへと変更された。リムに静電容量式センサーを備えたパッドを採用したことで、ステアリングホイールに操作力をかけなくともドライバーがハンドルを握っていると認識。ディスタンスアシストディストロニック(ACC)の使い勝手が向上するという。

また全モデルにヘッドアップディスプレイを標準装備とし、さらにCLS450とAMG CLS53には、ドアクロージングサポーターが標準装備となる。

また、今回初めてCLSに設定された「エナジャイジングパッケージ」(AMG CLS53に標準、CLS450にオプション)には、各種ヒーターやシート設定、 音楽などを統合的にコントロールする「エナジャイジング コンフォート」や、ドライバーのストレスレベルや睡眠の質などの個人データを加味してサポートする「エナジャイジング コーチ」機能も含まれる。

AMG CLS53に、50台限定のエディション1も設定

CLSのリファインを記念した特別仕様車「メルセデAMG CLS53 4マティック+ エディション1 」の予約注文も開始された。世界限定300台のこのモデルは、日本市場に50台を割り当てられ「カシミアホワイトマグノ」(全国限定30台)、と「セレナイトグレー」(同20台)のボディカラーが用意される。いずれの足元にも、マットブラックペイント20インチホイールが装着される。

エクステリアは、「ナイトパッケージ」および「ナイトパッケージ II」が採用され、ラジエーターグリル、リアエンドのスリーポインテッドスターとモデル名バッジは、専用のダーククローム仕上げとなっている。インテリアにはカーボンインテリアトリムがあしらわれる。

メルセデス・ベンツ CLS ラインナップ

CLS220d スポーツ(2L 直4ディーゼルターボ):918万円
CLS450 4マティック スポーツ(3L 直6ターボ+ISG):1189万円
メルセデスAMG CLS53 4マティック+(3L 直6ターボ+ISG):1441万円
メルセデスAMG CLS53 4マティック+ エディション1(3L 直6ターボ+ISG):1599万円

●メルセデス・ベンツ CLS220d スポーツ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4995×1895×1430mm
●ホイールベース:2940mm
●車両重量:1820kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1949cc
●最高出力:143kW(194ps)/3800rpm
●最大トルク:400Nm/1600−2800rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:FR
●燃料・タンク容量:軽油・66L
●WLTCモード燃費:16.5km/L
●タイヤサイズ:前245/40R19、後275/35R19
●車両価格(税込):918万円