2021年3月3日、メルセデス・ベンツ日本は、2021年3月3日から5月15日の期間中に「Mercedes me connect」の天気予報表示サービスのひとつとして、花粉飛散量の予測情報表示を追加すると発表した。

走行中および目的地での花粉飛散量予測情報を4段階で表示

2021年も3月に入って花粉症に悩まされているという人も多いのではないだろうか。そんなつらさを抱えるユーザーに向けて、メルセデス・ベンツ日本は「Mercedes me connect」の天気予報サービスのひとつとして、花粉飛散量の予測情報表示を3月3日から5月15日までの期間限定で開始した。

このサービスは、オンラインMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)搭載モデルのナビゲーションに設定を行うことで、「少ない」、「やや多い」、「多い」、「非常に多い」の4段階で花粉飛散量予測情報が地図の縮尺に応じて示されるというものだ。走行中のエリアはもちろんのこと、目的地付近の予測情報も得られるので、到着後の対策に役立てることができる。

対象モデル(オンライン機能付きMBUX搭載)

Aクラス(2018年10月発表モデルから)
Aクラスセダン(2019年7月発表モデルから)
Bクラス(2019年6月発表モデルから)
CLA(2019年8月発表モデルから)
CLAシューティングブレーク(2019年8月発表モデルから)
GLA(2020年6月発表モデルから)
GLB(2020年6月発表モデルから)
Eクラス(2020年9月発表モデルから)
Sクラスセダン(2021年1月発表 新型モデルから)
CLS(2020年9月発表 一部改良モデルから)
GT 4ドア クーペ(2020年7月発表 一部改良モデルから)
GLC(2019年10月発表モデルから)
GLCクーペ(2019年10月発表モデルから)
GLE(2019年6月発表モデルから)
GLEクーペ(2020年6月発表モデルから)
GLS(2020年3月発表モデルから)
EQC(2019年7月発表モデルから)