2022年6月24日、フェラーリの最新スパイダーモデル「296GTS」が日本で初めて公開された。魅力的なハイブリッドモデルを次々と発表しながら、電動化という時代の要求に応えてきたフェラーリが、再び新しい一歩を踏み出そうとしている。

オープンスタイルだからこそ際立つ美しさ

全国から鈴鹿サーキットの特別会場に集結したフェラーリオーナー1000人超は、その新世代スパイダーモデル「296GTS」のジャパンプレミアに、さぞかし熱狂したに違いない。

フェラーリのストリート向けスパイダーモデルとしては史上初の後輪駆動+プラグインハイブリッドアーキテクチャーのコラボレーションは、フェラーリというブランドが新たな時代に向けてさらなる一歩を歩み出したことを改めて象徴している。「走りの楽しさを書き換える」というキャッチフレーズは、伊達ではない。

なにしろそうした「変革と革新」は、フェラーリオーナーにとってはおそらく「最高のおもてなし」となる。電動化の時代にあっても変わらないフェラーリらしい「感動」をもたらすこと間違いなし、の296GTSは、オープンスタイルだからこそさらに際立つその美しさで、参加者を魅了することだろう。

もっともその実車を目の当たりにしたなら、美しいスタイリングを愛でる時間すら惜しむほどに、一刻も早くそのステアリングを握ってみたいという欲望を、激しくかきたてられているのかもしれないのだけれど・・・。

ただ速いだけ、ただ刺激的なだけ、ではない

クローズドモデルの296GTBと同様に、296GTSもまた日常的な走行シーンでも純粋な感動を味わえるモデルとして開発された。かねてからフェラーリは「走りの楽しさ」を5つのエレメント(横方向の加速G/縦方向の加速G/ギアチェンジ/ブレーキング/エンジンサウンド)で表してきたが、そのすべてをストリートスピードでも十二分に堪能することができるようなマシン開発にもこだわり続けている。

3L V6ツインターボ(最高出力663ps)に電気モーター(167ps)を組み合わせたシステム総合出力は、830psに達する。さらに最大トルクは740Nmと後輪だけで扱うにはなかなかに手ごわいと思われそう。だが、eSSC(電子制御サイドスリップコントロール)をはじめとする電子制御によって「意のままに」速さを堪能することができることだろう。

296GTSのプラグインハイブリッドシステムは高いポテンシャルと優れた効率性を発揮するだけではない。ペダル操作に対するレスポンスをゼロにまで短縮し、マンマシンの一体感をさらに緊密なものに変える。

加えておよそ25kmのeDriveモードを備えることで、たとえば深夜や早朝の出発でも気を遣わなくて済むかもしれない。ことほどさようにさまざまな意味で、296GTSは新しい時代の「理想的スーパーカー」のありようを体現している。

フェラーリの新しいバリューを実感させる

今回の鈴鹿でのお披露目にあたって、フェラーリジャパン代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリは次のように述べている。

「フェラーリは現在、歴史上最も幅広く、最も革新的で美しいモデルをご用意しており、サーキット走行からロードドライブなど、多種多様なドライブシーンでフェラリスティの皆様にご満足いただいております」

V8ベースのSF90 ストラダーレを皮切りにSF90 スパイダー、V6ベースの296GTBと立て続けにリリースされてきたラインナップは、確かに「最も革新的で美しい」フェラーリ像を見せてくれた。しかし第4のハイブリッドフェラーリとなるスパイダーモデル296GTSの登場は、ひときわ象徴的だと思う。

これまでも時代に即したメタモルフォーゼを見事に遂げてきたフェラーリというブランドのバリューはここから、さらに多彩で魅力的なアップデートを遂げることになるのかもしれない。

●■フェラーリ 296GTS 主要諸元(価格を除く諸元は欧州仕様車)

●全長×全幅×全高:4565×1958×1191mm
●ホイールベース:2600mm
●乾燥重量:1540kg
●エンジン:V6 DOHCツインターボ+モーター
●総排気量:2992cc
●最高出力:663ps
●最大トルク:740Nm/62500rpm
●システム最高出力610kW(830ps)/8000rpm
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:縦置きリアミッドRWD
●燃料・タンク容量:プレミアム・65L
●最高速度:330km/h以上
●0→100km/h加速:2.9秒
●0→200km/h加速:7.6秒
●タイヤサイズ:前245/35ZR20、後305/35ZR20
●日本での販売価格(税込):4313万円