2022年4月21日、ステランティスジャパンはDSオートモビルのフラグシップSUV、DS7クロスバックに特別仕様車「リーニュ ノアールBlueHDi(DS7 CROSSBACK LIGNE NOIRE BlueHDi)」を設定し、20台限定で発売した。車両価格は642万円。

モデル名の「LIGNE NOIRE」は「BLACK LINE」を意味する

フランス・パリ流のラグジュアリー性や美学「サヴォア・フェール」を体現するブランド、DSにとって初のオリジナル・ブランニューモデルとして2018年に投入したSUVがDS7クロスバックだった。独特な内外装のデザイン性やコンフォートな走行性などから高い評価を獲得している。

このDS7クロスバックの2L直4ディーゼルターボ(177ps/400Nm)搭載モデルに、特別仕様車「リーニュ ノアールBlueHDi」が追加設定された。その名のとおり黒を基調としたパーツを採用されており、フロントマスクのDSウイングやルーフレール、サイドガラスモール、リアガーニッシュなどのカラーリングをシャイニーブラックとしている。ボディカラーはブランナクレ(白系)やブルーアンクル(青系)、グリプラチナム(グレー)など5色を設定。

インテリアにおいてはふたつのトリム「バサルトブラック」と「パールグレーレザー」を用意する。なかでもパールグレーレザーは従来E-TENSE(PHEV)専用だったものを特別に設定。黒で統一するのではなく、あえてコントラストを生むことで精悍さを強調するという。またダッシュボードには、DSオートモビルならではのダイヤモンドパターンのステッチを施されたナッパレザーを採用する。

販売台数は20台限定で、車両価格は642万円に設定される。