2022年5月17日、ステランティスジャパンは、アバルト(ABARTH)の高性能スポーツモデル「595コンペティツィオーネ(595 Competizione)」ベースの「695エッセエッセ(695 esseesse)」を、5月28日に発売すると発表した。世界限定1390台のうち、日本に400台が導入されるという。

往年のレーシングマシン「695 SS」をオマージュ

サソリのエンブレムでお馴染みのアバルトから、1.4L直4 DOHCターボ搭載の「595コンペティツィオーネ」をベースとした高性能限定モデル「695エッセエッセ」が登場した。

「695エッセエッセ」にはデザインのモチーフとなったモデルが存在する。1949年に創業して高性能車メーカーとして発展を遂げたアバルトが、モータースポーツの世界でさらなる高みを目指して、1964年に送り出したのが「695 SS」だった。モデル名の「SS」をイタリア語で発音すると「エッセエッセ」なのだ。

エクステリアは、「695 SS」を思い起こさせる「グレー(Grigio Campovolo)と「ブラック(NeroScorpione)」のボディカラーと、サイドに配されたホワイトストライプをはじめとするボディ各所へのホワイトのアクセントがレーシーなムードを演出する。足元には、17インチアルミホイールが組み合わされる。そして、サイドの「695」エンブレムとリアの「695 esseesse」エンブレムが、特別なモデルであることをアピールしている。

アバルトが創業当時よりこだわり続けた軽量化や空力性能向上のノウハウも存分に盛り込まれている。具体的には、フロントまわりを軽量化して旋回性の向上を図るアルミニウム製ボンネットフードや、高速走行時の挙動を安定させる角度調整式のアジャスタブルスポイラーの採用などだ。また、ベース車とは異なるアクラポビッチ(AKRAPOVIC)製の高性能エキゾーストシステムが装着され、スポーティなサウンドを楽しむことができる。

インテリアは、「695 esseesse」ロゴ入りのホワイト仕上げバックシェルのサベルト(Sabelt)製スポーツシートをはじめ、「レッドシートベルト」やロゴ入りアルカンターラダッシュボード、フロアマットが奢られる。カーボン調シフトノブやカーボン調ペダル類、ロゴ入りトノカバーともどもプレミアム感満点だ。

「695 エッセエッセ」は世界1390台限定で展開され、日本にはそのうちグレーとブラックのボディカラーで、右/左ハンドル車の4種を各100台、計400台導入される。トランスミッションは全車5速MTで、車両価格は470万円となる。

●アバルト 695エッセエッセ 主要諸元

●全長×全幅×全高:3660×1625×1505mm
●ホイールベース:2300mm
●車両重量:1120kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1368cc
●最高出力:132W(180ps)/5500rpm
●最大トルク:230Nm/3000rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・35L
●WLTCモード燃費:14.2km/L
●タイヤサイズ:205/40R17
●車両価格(税込):470万円