2020年10月15日、スズキは小型乗用車のクロスビーに安全装備の車線支援機能を採用するなど、一部の仕様を変更して発売すると発表した。

新グレードを設定、ボディカラーに新色追加

クロスビーは、スズキのクロスオーバーSUVタイプの小型乗用車だ。2017年の東京モーターショーに参考出品され、その年末に発売された。エンジンは1Lの直3ターボにマイルドハイブリッドを組み合わせ、駆動方式は2WD(FF)と4WDが設定されている。

今回の一部仕様変更では、車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能(スズキ初)、アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを上級グレードに追加して、安全装備を充実させた。

また、新グレードの「ハイブリッド MV」を設定。パーソナルテーブル(後席左右)や撥水加工のシート座面、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど、使い勝手の良い装備を採用している。

さらに、ハイブリッド MZにはラックススェード/レザー調の専用シート表皮やダークグレーパールのインパネとドアトリムのカラーパネルなどを採用したブラックインテリアパッケージをメーカーオプションとして設定した。

ボディカラーも、タフカーキパールメタリックやプレミアムシルバーメタリックの2色を新色で追加し、2トーンルーフ仕様や3トーンコーディネート仕様も追加され、計13パターンのラインアップとしている。

車両価格(税込)は、以下のとおり。トランスミッションは、いずれも6速ATのみ。

ハイブリッド MX(2WD/4WD):180万5100円/195万300円
ハイブリッド MV(2WD/4WD):194万8100円/209万3300円
ハイブリッド MZ(2WD/4WD):206万2500円/220万7700円

今回、発表された以外の諸元や装備に関しては、従来と変わらない。なお、クロスビーは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、および国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。