2021年7月19日、実に9年と8カ月ぶりにトヨタ アクアがフルモデルチェンジを果たした。伝説の「初期受注12万台」を記録した初代デビューはあまりにも偉大だったが、新型の立ち上がりは果たしてどうだったのか。ほぼ10年間の販売台数の変遷を見ていくと、激変していくトヨタコンパクトモデルの勢力図にあって、アクアが愛され続ける理由が見えてきた。

2020年──ヤリスの新世代パワートレーンが世代交代の大波を呼んだ

2019年11月5日、トヨタはラッシュがラインナップから消えて以来3年以上の時を経て、カジュアルなコンパクトSUV「ライズ」を発表した。さらに2020年2月10日は、ヴィッツに代わってグローバルコンパクトモデル「ヤリス」を、日本国内でも販売開始している。

同じ時期にラインナップされていた100万円前半から200万円半ばをコアとするトヨタのコンパクトモデルは、パッソ、タンク/ルーミー、ポルテ/スペイドだったが、SUVブームという時流にのったライズは、その新しい個性で人気を博した。

そしてヤリスもまた、強力なセールスポイントが与えられていた。アクアよりも先進的なハイブリッドシステムを搭載していたのだ。もちろんボディサイズはアクアよりひとまわり小ぶりで、「取りまわしの良さ」で凌いでいる。それゆえに室内空間のゆとりこそ、アクアに一歩及びはしなかったものの、新世代パワートレーンの高い完成度は、そんなネガティブを払拭して余りあるものだった。

プラットフォームは新開発のTNGA GA-B、新しい1.5L 直3「ダイナミックフォース」エンジンを搭載するとともに、モーターを含むパワートレーン全体が小型軽量化されている。バッテリーにリチウムイオン電池を採用し、アクアにない4WD+ハイブリッド「E-Four」まで設定されていたのだった。

その進化は高い評価を受け、ヤリスは一気にトヨタの新型車販売の中核となった。新型が販売開始された翌月、3月度には早くも第3位に急浮上、4月度には一気に首位に躍り出ている。

8月31日にはクロスオーバーSUV「ヤリスクロス」をシリーズとして追加、ヤリスと合わせた販売台数は2万台の大台を超えるなど、さらに勢いが増していった。以来、ほぼ1位を独占しながら現在に至っている。

●2020年1月〜2021年10月までの新車販売の変遷 ※一般社団法人 日本自動車販売協会連合会 調べ

その勢いに飲み込まれるように、アクアの販売台数は対前年比で60%を切る月が連続する。ランキングも時に20位以下に沈下した。結果、2020年1月〜12月の販売台数ランキングでは、ヤリスが15万台以上(ヤリスクロス含む・2020年8月末発売)を売って圧倒的トップ、2位に12万6000台越えでライズが入っている。プリウスは7万に届かない第12位、アクアに至っては6万台を切る第14位となった。

2021年──初めてのフルモデルチェンジ。追い風は吹いたのか・・・

ついにフルモデルチェンジを迎えた2021年7月、月半ばを過ぎたタイミングでの発表だったにも関わらずアクアは、対前年比217%となる7902台という販売を達成した。ランキングは第5位に返り咲いている。8月は247.6%、9月196.2%、10月も188.1%という伸びを見れば、進化の甲斐があったと言うべきだろう。

一方でヤリスの販売台数増の勢いは、8月まで衰えることはなかった。9月、10月に関しては対前年比で50数%に急減しているが、これはおそらく世界的な半導体不足を背景とした戦略的生産調整によるものだと考えられる。

公表されている「ヤリス」の販売台数は常に1万台を超えており、ランキング首位の座はほぼ譲っていない。ただしこの台数はクロスも含めた数字であり、実質的なランキングではアクアが首位に立った月もあっただろうと推測できる。

ヤリスに比べるとアクアが生産調整の影響をあまり受けていないように感じられるが、これはグローバルモデルと国内専用モデルの「立場の違い」が影響しているのかもしれない。(初代はPrius Cという車名で北米に輸出されていたが、新型はまだラインナップされていないようだ)

そんな新型アクアだが、ほとんどのメカニカルコンポーネンツはヤリスと共通化されている。1.5Lエンジンは直列3気筒ユニットとなり、THS-IIも進化、4WDモデルが新たに設定された。

パワー/スペックも基本的に同じだが、バッテリーにはバイポーラ型ニッケル水素電池が採用されている。ヤリスが搭載するリチウムイオン電池とほぼ同じ体積で、25%もの容量アップを可能にした最先端のテクノロジーだ。

一方でクルマとして上級シフトしていることは、内外装の設えからもはっきりわかる。アクアがターゲットとする層は、クラウンユーザーなども含めたダウンサイザーだ。そのためにディメンションそのものは初代とほとんど変わらないにも関わらず、豊かなRを描くボディパネルと伸びやかさに富んだシルエットによって、欧州コンパクトに近いクオリティ感を巧みに演出している。

インテリアデザインもシンプル&クリーン、かつ上質感を追求した「大人の空間」に進化した。内外装ともに、よりスポーティで若々しいヤリスとの個性の違いは明確だが、価格帯は意外に拮抗しているのが興味深い。

まとめ──トヨタハイブリッドコンパクトの、新たな黄金期をもたらす3台

新型アクアとヤリスについて、販売現場ではあまり競合していない、という声も聴く。走りの印象も、アクアは比較的快適性に重きを置いた味付けで、ヤリスはよりキビキビとしたダイナミック性能を追求しているという。ある意味、棲み分けが明確化されていると言えるだろう。

もう1台、注目株のヤリスクロスも、新型アクアとは異なる個性が与えられている。全高はもちろんだが、全長で130mm、全幅で70mmほど大きい。価格帯も20〜30万円ほど高めとなっている。

●■気になる主要諸元比較

新世代のプラットフォーム、パワートレーンを共有するこれら3台は、アクアが第二世代に進化したことで、ポジションの違いがよりはっきりしてきた。その「棲み分け」を強みとしておそらくは今後も、トヨタのコンパクトモデルたちのどれか(あるいはすべて)が常に、販売台数ランキングの上位を占めることになるのだろう。

ほとんど10年という時間を経てフルモデルチェンジを果たしたアクアは、きっちり2世代分の進化を遂げて販売面でも好調なスタートを切った。これからは再び、トヨタ×ハイブリッド×コンパクト「最強トライアングル」の中核を担うことになりそうだ。(文:Webモーターマガジン編集部 神原 久/写真:永元秀和、井上雅行)