2022年10月24日、メルセデス・ベンツ日本はラグジュアリー ロードスターの新型「メルセデスAMG SL」を発表した。そのディテールを写真とともに紹介しよう。

ソフトトップに2+2シートレイアウトも採用

SLは、1952年に登場した300SLをルーツとする、メルセデス・ベンツのフラッグシップ スポーツカーでありラグジュアリー ロードスターでもある。7代目となる新型は、メルセデスAMGによる完全自社開発モデルだ。

専用の高剛性プラットフォームを採用し、300SLから取り入れたデザインのフロントグリルやデジタルライト、格納式のシームレス ドアハンドル、丸みを際立たせたリアエンドなどのエクステリアが特徴的だ。電動開閉式のトップは、従来型までの金属製バリオルーフからソフトトップに回帰し、軽量ながら高い実用性と静粛性を実現している。

インテリアも、12.3インチのコックピットディスプレイや11.9インチの縦型メディアディスプレイなど、アナログ的幾何学フォルムとデジタル技術を融合した「ハイパーアナログ」と呼ばれるものが採用されている。また、シートレイアウトは2+2を採用している。

日本仕様のパワートレーンは、量産車では世界初のエレクトリック エグゾーストガス ターボチャージャーを採用した2L直4エンジンで、最高出力は381ps/最大トルクは480Nmを発生。トランスミッションは、トルコンレス9速ATのAMGスピードシフトMCTだ。

安全&快適装備はメルセデス・ベンツに最新・最先端のテクノロジーを導入。ドイツ語でシュポルト ライヒト(英語のライトウェイトスポーツ)から名づけられたSLにふさわしい、優雅で美しく、しかも力強いラグジュアリー ロードスターが登場した。

●メルセデスAMG SL43 主要諸元

●全長×全幅×全高:4700×1915×1370mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1780kg
●エンジン:直4 DOHCターボ+BSG
●総排気量:1991cc
●最高出力:280kW(381ps)/6750rpm
●最大トルク:480Nm(48.9kgm)/3250−5000rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:FR
●燃料・タンク容量:プレミアム・70L
●WLTCモード燃費:10.8km/L
●タイヤサイズ:265/40R20、後295/35R20
●車両価格(税込):1648万円

[7代目「メルセデスAMG SL」がデビュー。日本仕様は2L直4ターボ+48Vマイルドハイブリッドの「43」から導入開始 - Webモーターマガジン]