「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ポルシェ 911ターボSだ。

ポルシェ 911ターボS(2011年:2012モデル)

1970年代前半の「スーパーカー ブーム」の立役者の1台だったのが、ポルシェ 911ターボだ。そのころのモデルはタイプ930だったが、40年近くを経たいま(編集部註:2011年)の911ターボは、911としては6世代目にあたるタイプ997となる。まもなく本国では次期型のタイプ991が発表されると噂されているが、ターボモデルの登場は少しあとになるだろう。そこで、熟成された現行型911ターボの上級グレード「ターボS」に試乗してみることにした。

さて、最高出力530ps&最大トルク700Nmというパフォーマンスはハンパではない。実際、十分以上なんてレベルではなく速いのだが、それはスピードメーターの表示を見て気づかされる。つまり、ハンドルを握って運転していても、また走っている姿を外から眺めていても、意外と速さを感じない。なんとも不思議なクルマなのだ。

高速道路をクルージングしていても、きわめて普通だ。そこで、目の前が開けたところでいきなりガバッ!と床までアクセルペダルを踏みこむ、なんていう無謀なこともしてみたが、瞬時に電子制御が働いて確実に路面を捉えてくれる。そのコントロール力たるや、恐るべし。

トランスミッションは7速PDKと呼ばれるデュアルクラッチトランスミッション(DCT)だが、これも賢い。Dレンジに入れっぱなしで運転していてもタルさを感じさせることもなく、走り出しでペダル操作を迷うなど、モタついたりさえしなければシフトショックもない。ブレーキ制動力も安心感の高い確かなものだが、ペダルフィーリング的にはものすごくコントロールしやすくて、街中をゆったりと流すような、おとなっぽい(?)走りにも問題なく対応してくれる。

乗り心地もスーパーカーとは思えないほど、けっこう快適だ。ドライブモードを「スポーツ」に切り替えると、エンジン、トランスミッション、シャシの性能がよりアクティブに強化されるため、さすがに乗り心地は硬くなるが、「ノーマル」なら少々路面の悪い街中でもゆるりとやり過ごせるレベルに収まっている。

やはり、ポルシェ ターボは他のスーパーカーとは違う

ダッシュボード上にはストップウオッチも備わり、自分に挑戦し続ける熱いユーザーの心も盛り立ててくれるという、遊び心も加えられている。デジタルとアナログを兼ね備えたメーターになっているということは、サーキットで使えるほど精度も高いのだろうし、実際に使う場所になかなか出会うことはなくても、なんとなく雰囲気が出てインテリア的にカッコよくてイイ。

しかし、そういったギミックを盛り込んだとしても、日本の交通事情においては、ボディ剛性にしろパフォーマンスにしろ、すべてにおいて余裕がありすぎて、体感的に速い!と感じるレベルまでには至らない。前述したように、外から走る姿を見ても速く感じないのは、高速で走る姿をイメージしてデザインされているがために、まだその領域に達していないということなのかもしれない。

思えばポルシェ911は、スーパーカーブーム時代の初代(930)ターボからして、佇まい的にはちょっと地味な存在だった。しかし、性能的な安定感や安心感でいったら、そのころも、そして今も(編集部註:2011年当時)スーパーカー群の中では、頭ひとつポルシェが抜きん出ているのは間違いない。やっぱり完成度が違うのだ。完成度を突き詰めていくと、色気は失われがちだが、それを余裕という言葉に置き換え、色気は残しつつも、スーパーカーとは思えないほどラクに普段使いできるという懐の深さが、ポルシェらしさなのかもしれない。

それは、ボディの大きさにも感じられる。コンパクトで軽量なのは、速く走るためのものだということは分かっているが、全長4450×全幅1850×全高1300mmの体躯は、ちょっと大きめの立体駐車場ならどこでも入る。小回りもかなり利くから、狭い街中の路地やUターンなんていうシーンでも、あまり苦にならない。

その上、このサイズとレイアウトの割には、荷物も意外と積める。まず後席の背もたれを倒せば、かなりのものが入る上、フロントのラゲッジスペースは、リモアのサルサトローリーと大きめのトートバックが2個、楽勝で入るくらい広い。いちばん身近で実用性の高いスーパーカー。「能ある鷹は爪を隠す」、まさにそれがポルシェ 911ターボのすごさなんだなと、改めて思わされたのだった。

●■ポルシェ 911ターボS 主要諸元

●全長×全幅×全高:4450×1850×1300mm
●ホイールベース:2350mm
●車両重量:1590kg
●エンジン:水平対向6 DOHCツインターボ
●総排気量:3799cc
●最高出力:390kW(530ps)/6250-6750rpm
●最大トルク:700Nm(71.4kgm)/2100-4250rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:リア縦置き4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・67L
●EU総合燃費:8.8km/L
●タイヤサイズ:前235/35ZR19、後305/30ZR19
●当時の車両価格(税込):2209万円