BMWの新たな電気自動車、「iX」が日本初公開された。すでにローンチエディションはオンラインストアで先行受付を開始しているが、まずはそのディテールを写真で紹介しよう。

10分以内の充電で120km以上の走行可能を実現

[シティコミューターのi3]、[スーパースポーツのi8]に続く、BMW「i」シリーズの第3弾として登場するのが、SAV(スポーツ アクティビティ ビークル:BMWではSUVをこう呼ぶ)の「iX」だ。

4WDのピュアEVであるiXのスタイリングは、X5/X6/X7といったラージサイズSAVのそれを個性的に再解釈したものだという。全長と全幅はX5とほぼ同じだが、流れるようなルーフラインで全高はX6並みに抑えられ、ホイールサイズはX7を想起させる。最小限のキャラクターラインとゆとりあるサーフェスデザインがモノシリック(一枚岩)のようなボディを印象づける。なお、欧州仕様のiXでは「i」シリーズの特徴であるブルーを基調としたアクセントがボディの要所に配されているが、日本仕様では「EVっぽくないほうがいい」というユーザーの声を反映して、このアクセントを廃されている。

インテリアでは、フラットなダッシュボードに配されたフルデジタルのメーターパネルは、BMWの市販モデルとしては初のカーブドディスプレイを採用している。これは12.3インチのインフォメーションディスプレイと14.9インチのコントロールディスプレイの表示領域を合体させたもの。六角形のステアリングホイールやヘッドレスト一体型のシートも特徴的だ。

パワートレーンは、2基の電気モーターによる4WDで、システムのパワースペックは、xドライブ40では240kW(326ps)/630Nm、xドライブ50では385kW(523ps)/765Nmを発生する。バッテリー総電力量は、xドライブ40が76.6kWh、xドライブ50が111.5kWh。航続可能距離は、xドライブ40が327〜425km、xドライブ50が549〜630kmとなっている。しかも、最大200kWのDC急速充電が可能で、残量約10%のバッテリーを40分以内で80%まで充電でき、10分以内の充電で120km以上の走行距離に匹敵するエネルギーを蓄えることができる。

自動運転およびパーキング機能など、運転支援や安全&快適装備も充実したBMW iX。日本仕様の正式デビューは2021年秋の予定だが、初期生産モデルの「ローンチエディション」は、すでにBMW オンラインストアで予約注文が可能になっている。

●■BMW iX xドライブ40(欧州仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4953×1967×1695mm
●ホイールベース:3000mm
●車両重量:2380kg
●モーター:交流同期電動機
●最高出力:240kW(326ps)
●最大トルク:630Nm
●バッテリー総電力量:76.6kWh
●航続可能距離:327〜425km
●最高速度:200km/h
●0→100km/h加速:6.1秒
●駆動方式:4WD
●タイヤサイズ:255/50R21