2021年11月8日、マツダはワールドワイドで人気のミッドサイズSUV「CX-5」に大幅な年次改良を行った。新たな特別仕様車「スポーツアピアランス(Sports Appearance)」と「フィールドジャーニー(Field Journey)」を加え同日より予約が開始され、発売は同年12月上旬の予定となる。

ダイナミック性能、そして安全性と利便性が格段にアップ

マツダのミッドサイズSUV「CX-5」は、同社のグローバル販売の約3分の1を占める基幹モデルだ。今回の大幅な年次改良では、最新の「魂動デザイン」の進化系が採用されるとともに、新世代商品で開発した技術搭載によるダイナミクス性能の進化や安全性と利便性の向上が図られている。

エクステリアデザインで注目したいのが、キャラクターラインの使用を極力抑えられていることだ。面の動きと外光を反射した時に見せるリフレクションによって造形や質感を強調しようという試みで、フロントエンドとリアエンドの洗練された塊感に、SUVらしい力強さの表現を加えるためだという。ボディカラーには、ジルコンサンドメタリック(淡褐色)が新たにラインナップされた。

フロントグリルとヘッドライト&テールランプデザインの変更も行われ、フロントグリルは頑強なフレームのシグネチャーウィングとされた。線ではなく面で表現されているところがポイントで、網状の面的な表現から奥行きを感じさせる立体的なピースを浮き出たせ、先進性と力強さをアピールしている。

ヘッドライト&テールランプは、ランプ外形とランプユニットのデザインが、水平方向の広がりを感じさせる4つの横長楕円のLEDとなった。CX-5が持つオールラウンドな性能を表現しつつ、アグレッシブな雰囲気とワイド感を強調するためだ。

ダイナミック性能の進化は、「MAZDA INTELLIGENT DRIVESELECT」(略称Mi-DRIVE)の採用だ。しかも、従来のドライブセレクションにおける日常走行向け「NORMAL」とワインディング/高速道路向け「SPORT」に加え、新たに未舗装路や深雪道などの悪路走行を含むアウトドア走行に最適な「OFF-ROAD」モードの設定車種も用意する。

車体フレームの減衰構造採用や車体とシートフレームの取り付け剛性の向上、スプリング/ダンパー特性の見直しも行われた。シートは、着座時の骨盤角度を最適化することで自然にバランスを取れるS字着座姿勢を実現。ロードノイズ低減も、操縦安定性/乗り心地/NVH性能を一緒につくり込むことで達成している。

SUVとして利便性の向上も見逃せない。上段/下段/前後2分割が可能な荷室フロアは、テールゲートの開口部との段差をなくすことで、フロア下のサブトランク容量を拡大。防水加工が行われている車種もある。上下可動/前後2分割スライド/裏面防水ボード&サブトランクボックス防水加工の3つの機能を併せ持ったリバーシブルラゲッジボードも使い勝手が高そうだ。

ほかには、スマートフォンをトレイに置くだけで充電できるQi規格対応のワイヤレスチャージャーやハンズフリー機能付きパワーリフトゲートの設定も行われている。

安全面では、アダプティブLEDヘッドライト(ALH)の進化が図られた。グレアフリー(防眩)ハイビームLEDを12分割→20分割とし、夜間の視認性を高め、ドライバーの危険認知をサポートするというものだ。追従走行機能とステアリングアシスト機能で構成されるクルージング&トラフィックサポート(CTS)の採用も大きなメリットだ。

今回の大幅改良を機に新たな特別仕様車の追加も行われた。フロントグリルに初代ロードスターのボディカラーで使われたクラシックレッドをあしらった「スポーツアピアランス(Sports Appearance)」と、アウトドアをイメージさせる内外装の「フィールドジャーニー(Field Journey)」の2種類だ。ちなみに、前述の防水加工および「OFF-ROAD」モード付Mi-DRIVE、リバーシブルラゲッジボードはフィールドジャーニー専用となる。

それぞれのベースは、スポーツアピアランスが25S/XD Lパッケージ(FF/4WD)で、フィールドジャーニーが20S/XDプロアクティブ(4WDのみ)。また、25S/XD Lパッケージ(FF/4WD)ベースの既存特別仕様車「エクスクルーシブモード(Exclusive Mode)」に、高輝度塗装を施し金属の質感を向上大口径19インチホイールなどのブラッシュアップが施されている。

特別仕様車 マツダ CX-5スポーツアピアランスの仕様

■デザイン
・ブラックとレッドのコントラストを強調
■エクステリア
・フロントグリル、シグネチャーウィング、バンパー下部、ホイールアーチ、ドア下ガーニッシュ、ドアミラーまで深い光沢によって精悍さを際立たせるブラックを採用。ホイールはブラックメタリック塗装の19インチ
・フロントグリルのアクセントに、初代ロードスターのクラシックレッドを使用
■インテリア
・ブラックレザーシート、ステアリングホイール、ドアやシフト周りに赤ステッチを使用

●特別仕様車 マツダ CX-5スポーツアピアランス ラインナップ

・25Sスポーツアピアランス:325万6000円(FF)/348万7000円(4WD)
・XDスポーツアピアランス:357万5000円(FF)/380万6000円(4WD)

●特別仕様車 マツダ CX-5 25Sスポーツアピアランス 主要諸元

●全長×全幅×全高:4575×1845×1690mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1590kg
●エンジン:直4 DOHC+ターボ
●総排気量:2488cc
●最高出力:140kW(190ps)/6000rpm
●最大トルク:252Nm/4000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:レギュラー ・56L
●WLTCモード燃費:13.8km/L
●タイヤサイズ:225/55R19
●車両価格(税込):325万6000円

特別仕様車 マツダ CX-5フィールドジャーニーの仕様

■デザイン
・ライムグリーンのアクセントでを大自然イメージを表現
■エクステリア
・シルバー塗装のフロント&リアバンパーセンターガーニッシュやサイドガーニッシュに加え、ブラックのドアミラーやグレーメタリック塗装の17インチアルミホイールを採用
・オールシーズンタイヤを標準装備
■インテリア
・フロントグリルのアクセントに使用したライムグリーンをシートステッチやパイピング、エアコンルーバーにも採用
・ラゲッジルームにリバーシブルボードを採用(専用)
■機能
・Mi-DRIVEに「OFF-ROAD」モードを設定(専用)

●特別仕様車 マツダ CX-5フィールドジャーニー ラインナップ

・20S フィールドジャーニー:323万4000円(4WD)
・XDフィールドジャーニー:355万3000円(4WD)

●特別仕様車 マツダ CX-5 20Sフィールドジャーニー主要諸元

●全長×全幅×全高:4575×1845×1690mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1600kg
●エンジン:直4 DOHC
●総排気量:1997cc
●最高出力:115kW(156ps)/6000rpm
●最大トルク:199Nm/4000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー ・58L
●WLTCモード燃費:14.6km/L
●タイヤサイズ:225/65R17
●車両価格(税込):323万4000円