2022年3月30日、ドイツ本国と同時に日本でも発表された、アルピナ社の最新モデルが「B4グランクーペ」だ。そのディテールを写真で紹介しよう。

3Lの直6ツインターボはB3のものよりもパワーアップ

BMW 4シリーズ グランクーペをベースとしたB4グランクーペ(以下、B4)は、「不撓不屈のエレガンス」をテーマに、アルピナの伝統であるパワフルさとエレガントさを融合して生まれた。サイズ的にはベース車の4シリーズ グランクーペより車高がわずかに低められているだけで、ほぼ変わらない。エクステリアでは、フロントのリップスポイラーやオーバル4本出しのテールパイプ、そして伝統の20本スポーク アロイ鍛造ホイールは新デザインとなっている。

パワーユニットは、セダンのB3に搭載されているものと基本的に同じ3Lの直6ツインターボ(アルピナではビターボと呼ぶ)だが、最高出力は495ps、最大トルクは730Nmと、B3のものより33psと30Nmもパワーアップされている。組み合わされるトランスミッションは、スイッチトロニック付き8速AT。0→100km/h加速は3.7秒、巡航最高速度は301km/hとアナウンスされている。

インテリアは基本的にB3と共通で、上質な本革シートやシート&ステアリングヒーターといった快適装備に加え、BMWドライビングアシストシステムなど、安全装備も充実している。なお、今回の撮影車はプリプロダクションモデルということで、エンジン本体は残念ながら見ることができなかった。

●■BMWアルピナ B4グランクーペ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4792×1850×1440mm
●ホイールベース:2856mm
●車両重量:1965kg
●エンジン:直6 DOHCツインターボ
●総排気量:2993cc
●最高出力:364kW(495ps)/5500-7000rpm
●最大トルク:730Nm(74.4kgm)/2500-4500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・59L
●WLTCモード燃費:未発表
●タイヤサイズ:前255/35ZR20、後285/35ZR20
●車両価格(税込):1375万円〜