2022年11月20日、F1第22戦最終戦アブダビGP決勝がヤス・マリーナ・サーキットで開催され、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝、2位にフェラーリのシャルル・ルクレール、3位にレッドブルのセルジオ・ペレスが入った。このレースで現役を引退する4冠王者のセバスチャン・ヴェッテルは10位でフィニッシュ。角田裕毅(アルファタウリ)は11位だった。

フェルスタッペン独走、緊迫の「2位」争いはルクレールに軍配

史上最多の22戦を戦ってきた2022年シーズンの最終戦、ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンがタイヤをマネージメントしながら他を寄せ付けない圧勝でシーズン15勝目を挙げた。

今季王者がその強さを存分に見せつけたその後方でヒートアップしたのがルクレールとペレスによる2位争いだ。勝った方がドライバーズランキング2位になるという両者にとって、負けるわけにはいかない戦い。その序盤はフロントロウからスタートしたペレスが優位にレースを進めたが、ルクレールのフェラーリもタイヤをマネージメントしながら食らいつく。

勝敗を分けたのはタイヤ戦略だった。ペレスが早々と2ストップ戦略(ミディアム→ハード→ハード)に出たのに対し、ルクレールは1ストップ(ミディアム→ハード)のまま走り続ける。

当然、レース終盤は後方からよりフレッシュなハードタイヤで追い上げるペレスの方が圧倒的に速かったが、ルクレールの驚異の粘りに阻まれる。最後は1.3秒強の差でルクレールが逃げ切り、レッドブルのドライバーズ選手権1-2フィニッシュを阻止。レース後は「来季はもっと上を狙いたい」と打倒フェルスタッペンを誓った。

引退レースのヴェッテルは「悔しい」10位入賞

今戦がF1最終レースとなったヴェッテル(アストンマーティン)は序盤、かつてタイトルを争った最大のライバルであるフェルナンド・アロンソと好バトルを展開。ハイペースで3強以外の最上位も狙おうかという勢いだったが、1ストップ戦略が災いしてレース後半は厳しい展開になり、なんとか1ポイントを確保するにとどまった。

フィニッシュ後、マシンを降りたベッテルは「1ストップは間違いだった。コンストラクターズ選手権の順位をひとつ上げられたかもしれなかっただけに残念」と、これが最後のレースとは思えないほど悔しさを露わにした。それでも最後は「少し時間が経てば、この場所がもっと恋しくなるだろう」と感慨にふける表情も。

タイヤを供給するピレリはレース後、「アブダビGPはシーズンのフィナーレにふさわしいドラマティックなレースとなりました。 予想どおり、今日は1ストップ戦略と2ストップ戦略の両方が見られました。 ミディアム→ハードの1ストップ戦略をとったフェルスタッぺンが優勝しましたが、結果的に1ストップ戦略と2ストップ戦略の差はわずかなものでした。レースの主役はハードタイヤでしたが、2ストップ戦略をとったマクラーレンのランド・ノリスが44周目にミディアムタイヤでファステストラップを記録して6位に入っています」と分析している。

来年2023年シーズンは3月5日のバーレーンGPで開幕、11月24日の最終戦アブダビGPまで2022年よりさらに2戦多い全24戦が予定されている。

●2022年 F1第22戦アブダビGP決勝 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)58周
2位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+8.771s
3位 11 S.ペレス(レッドブル)+10.093s
4位 55 C.サインツ(フェラーリ)+24.892s
5位 63 G.ラッセル(メルセデス)+35.888s
6位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+56.234s
7位 31 E .オコン(アルピーヌ・ルノー)+57.240s
8位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)+1m16.931s
9位 3 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)+1m23.268s
10位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)+1m23.89s
・・・・・・・・・・・・・
11位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル )+1m29.371s
14位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)+1周
ファステストラップ: 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) 1:28.391

●2022年 F1ドライバーズランキング(最終結果)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル)454
2位 C.ルクレール(フェラーリ)308
3位 S.ペレス(レッドブル)305
4位 G.ラッセル(メルセデス)275
5位 C.サインツ(フェラーリ)246
6位 L.ハミルトン(メルセデス)240

●2022年 F1コンストラクターズランキング(最終結果)

1位 レッドブル 759
2位 フェラーリ 554
3位 メルセデス 515
4位 アルピーヌ・ルノー 173
5位 マクラーレン・メルセデス 159