マツダ MX-30(MAZDA MX-30)
現行モデル発表日:2020年10月8日(ハイブリッド)/2021年1月28日(EV)/2023年9月14日(ロータリーEV)
車両価格:264万円〜501万6000円

マツダの新たな方向性を具現化

MX-30は内燃機関のみの車両にこだわりを見せていたマツダの本格的な市販型電動車のシリーズで、2Lの直4ガソリンエンジンに小型モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドの第一弾。魂動デザインをさらに進化させたエクステリアや観音開きのフリースタイルドアを採用したのが特徴。インテリアには、エコマテリアルを各所に使っており、マツダの新しい方向性を示す存在となっている。

また、マツダ初の量産市販型の電気自動車(BEV)も設定。バッテリー容量は35.5kWh、駆動用モーター(145ps/27.5kgm)は1基と控えめだが、これはクルマの生産から廃棄までトータルコストを既存の同クラスのガソリン車と同等にする意図がある。さらに、ロータリーエンジンで発電してモーターで駆動するロータリーEVもラインナップに加わった。

[▶▶▶詳しい解説はこちら マツダが「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」の生産を開始。ロータリーエンジン搭載車の量産は11年ぶり - Webモーターマガジン]

●全長:4395mm
●全幅:1795mm
●全高:1550mm
●ホイールベース:2655mm
●車両重量:1460〜1780kg
●エンジン:2L 直4+モーター/0.83L 1ローター+モーター/モーター(EV)
●駆動方式:FF/4WD/FWD(EV)
●トランスミッション:6速AT
●WLTCモード燃費:15.1〜15.6km/L
●一充電走行距離:256km(EV)
●乗車定員:5名

[ロータリーエンジン搭載のPHEVモデルが登場!MX-30 Rotary EVは、EVでより遠くへ移動したい人へ送るマツダらしい1台だった - Webモーターマガジン]

[マツダ「MX-30」が商品力強化。カラーバリエを一新、操作系を改良するとともに、BEVモデルには待望の給電機能を追加 - Webモーターマガジン]