2022年4月17日、岡山国際サーキットで行われたスーパーGT開幕戦で、ポールポジションからスタートした14号車ENEOS X PRIME GR Supraが優勝した。2位には100号車STANLEY NSX-GT、3位に23号車MOTUL AUTECH Zが入り、3メーカーが表彰台を分け合う形となった。

「完璧ではなかった」ラップでポールポジションを獲得

決勝レースの前日に行われた予選では14号車ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也がポールポジションを獲得した。「完璧ではなかった」という大嶋だったが、自身6年ぶりのポールポジション獲得となった。39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraがフロントロウに並び、3位にはチャンピオン奪還に燃えるSTANLEY NSX-GTが続いた。

日曜日は快晴で、気温23度、路面温度33度の中で決勝は行われた。2周のフォーメーションラップを終え、82周で行われる決勝レースがスタート。各車アクシデントもなくクリーンに1コーナーへ入っていく。オープニングラップで2番手のDENSO SARD GR SupraSARDの関口雄飛が果敢にトップを狙うも大嶋はこれを阻止。大嶋はそこから2位以下に対して差を拡げていく。

予選7番手スタートの12号車カルソニック IMPUL Zのベルトラン・バゲットは、8周目に5番手まで浮上。そのままの勢いで4番手の100号車に迫っていく。

白熱したのは2番手争い。39号車、100号車、38号車の緊迫した接近戦は100号車を駆る牧野任祐が39号車にバトルを仕掛けていく。そこに12号車も追いつき2番手争いは4台の隊列になる中、17周目のアトウッドコーナーで38号車の立川祐路が牧野のインに入り3位へ浮上。

2番手争いを尻目にトップの大嶋は10秒以上のマージンを築く中、22周目に38号車立川が39号車関口をオーバーテイクし2番手まで上がってきた。

ドライバーの義務周回数を過ぎた29周目に38号車、100号車がピットイン。これによる順位変動はなく、そのままの順位で両車ピットアウト。2位集団の動きを見たトップの14号車大嶋は31周目にピットイン。この時点で、すでに2位以下に14秒ものマージンを築いていた。

最後尾スタートだった16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTがファーストスティントをひっぱり、52周目でピットイン。これで全車ピットインを終え、トップは10秒以上のマージンを築いている14号車。2位にはポジションを上げてきた12号車、3位に38号車と続く。

フルコースイエローから動き出したレース展開

その後こう着状態が続いていたが、66周目にアクシデント発生。24号車のリアライズコーポレーション ADVAN ZとGT300クラスのマシンが接触しスピン。接触したGT300マシンは1コーナーでストップし、このレース初めてのフルコースイエロー(FCY)が導入された。

翌周にはFCYを解除され、続く72周目のアトウッドコーナーで3番手の39号車が12号車を射程に捉え、2台はバックストレートを駆け上がっていく。そこに100号車の山本尚貴が2台のさらにイン側に飛び込み一気に2台抜き。見事なオーバーテイクで2位に浮上する。

その背後では、12号車をパスした23号車が勢いそのままに38号車もパスし、表彰台圏内まで上がってきた。レースは残り5周の時点でGT300クラスのアクシデントにより、2度目のFCYが発動するも残り3周でリスタート。

トップを確実のものにしていたかに見えた14号車だが、リスタート時、目の前にいた車両がハーフスピンを喫し、ドライバーの山下は避けきれずに接触してしまう。最終的に2位の100号車が2秒以内まで迫ってくる手に汗握る展開となったが、山下がなんとか耐え切り優勝。目標どおりポールトゥウィンを達成した。2位には100号車、3位には予選9番手から見事表彰台を射止めた23号車は入り、3メーカーが表彰台を分け合う形となった。

開幕戦がデビューレースとなった日産の新型Z勢は予選で苦戦するも、決勝では後方から追い上げのレースを見せている。特に3号車と23号車はミシュランタイヤを履いており、高い路面温度でより性能を発揮するようだ。さらにストレートスピードも速いことから、ウエイトを積んではいるが次戦で上位を狙える可能性が高い。

次戦はゴールデンウィーク真っ只中に行われるFAV HOTEL FUJI GT 450km RACE。GT初の450kmでのレースはどんな展開が待っているのだろうか。(写真提供:GTA)

2022 スーパーGT Round1 OKAYAMA GT 300km 決勝 結果

1位 14号車 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)82周
2位 100号車 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)+1.798s
3位 23号車 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ)+3.478s
4位 38号車 ZENT CERUMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)+9.761s
5位 3号車 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)+11.701s
6位 36号車 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)+13.534s
7位 12号車 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)+20.789s
8位 39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)+20.943s
9位 17号車 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)+24.697s
10位 8号車 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)+25.339s
11位 37号車 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)+26.528s
12位 16号車 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京/大湯都史樹)+1'10.319s
13位 19号車 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)+1Lap
14位 24号車 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)+1Lap
15位 64号車 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)+1Lap
ファステストラップ:14号車 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也)1'20.632

2022 スーパーGT GT500クラス ドライバーズランキング(開幕戦終了時)

1st 21pt 大嶋和也/山下健太(14号車 ENEOS X PRIME GR Supra)
2nd 15pt 山本尚貴/牧野任祐(100号車 STANLEY NSX-GT)
3rd 11pt 松田次生/ロニー・クインタレッリ(23号車 MOTUL AUTECH Z)
4th 8pt 立川祐路/石浦宏明(39号車 ZENT CERUMO GR Supra)
5th 6pt 千代勝正/高星明誠(3号車 CRAFTSPORTS MOTUL Z)
6th 5pt 坪井翔/ジュリアーノ・アレジ(36号車 au TOM'S GR Supra)
7th 4pt 平峰一貴/ベルトラン・バゲット(12号車 カルソニック IMPUL Z)
8th 3pt 関口雄飛/中山雄一(39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supra)
9th 2pt 塚越広大/松下信治(17号車 Astemo NSX-GT)
10th 1pt 野尻智紀/福住仁嶺(8号車 ARTA NSX-GT)

2022 スーパーGT GT500クラス チームランキング(開幕戦終了時)

1st 23pt 14号車 TGR TEAM ENEOS ROOKIE
2nd 18pt 100号車 TEAM KUNIMITSU
3rd 14pt 23号車 NISMO
4th 11pt 38号車 TGR TEAM ZENT CERUMO
5th 9pt 3号車 NDDP RACING
6th 8pt 36号車TGR TEAM au TOM'S
7th 7pt 12号車 TEAM IMPUL
8th 6pt 39号車 TGR TEAM SARD
9th 5pt 17号車 Astemo REAL RACING
10th 4pt 8号車 ARTA
11th 3pt 37号車TGR TEAM KeePer TOM'S
12th 3pt 16号車 TEAM Red Bull MUGEN
13th 2pt 19号車 TGR TEAM WedsSport BANDOH
14th 2pt 24号車 KONDO RACING
15th 2pt 64号車 Modulo Nakanjima Racing