2021年2月8日、アウディ ジャパンはプレミアムミッドサイズSUVのQ5シリーズ(Q5/SQ5)のマイナーチェンジを発表。マイルドハイブリッド(MHEV)モデルをラインアップするとともに、内外装の一新及びグレード構成の見直しが行われた。3月8日より全国のアウディ正規ディーラーで発売が開始される。

スタイリッシュさが際立つエクステリアに変身

電動化を進める欧州勢の先頭を切るアウディ。今回、プレミアムミッドサイズSUVのマーケットで重要な位置を占めるQ5シリーズ(Q5/SQ5)に行われたマイナーチェンジもその路線の延長線上となる。

2L直4 DOHCターボ(最高出力249ps/最大トルク370Nm)搭載のQ5 45TFSIクワトロと、2L直4DOHCディーゼルターボ(最高出力204ps/最大トルク400Nm)搭載の40TDI クワトロに、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッド(MHEV)システムが組み合わされた。日本初のQ5電動化モデルの登場だ。

エクステリアの大幅な変更も行われた。SUV「Q」モデルのコンセプトである「パワー」と「堅牢性」、「安全性」をよりアピールするため、八角形のシングルフレームをよりフラットとし、台形をモチーフにした開口部を広げたサイドインテークデザインが採用されている。

LEDヘッドランプ上部に配された、新しいライトシグネチャーを備えたデイタイムランニングライトや、サイドシルインサートとリアライト、そして左右のライトクラスターをつなぐトリムエレメントは新デザインを採用する。

インテリアは、最新のインフォテインメントシステムMIB3の初採用がポイント。タッチパネル式の10.1インチにサイズアップしたセンタースクリーンは、「ヘイ、アウディ」と呼びかけと音声入力が開始され、目的地の入力やエアコンの温度など各種設定が行える。ネットワークへの接続は、物理的な SIMカードではなくeSIMを用いる。

高性能バージョン、SQ5も同時にデビュー

マイナーチェンジを機にグレード構成も見直され、アドバンスドとSラインの2本立てとなった。アドバンスドのグリルが、フラグシップSUVであるQ8を彷彿とさせるグリッド形状+マットアルミルックの力強い垂直ラインに対し、Sラインはスポーティなハニカムメッシュグリルを採用。前後のLEDライトにダイナミックインディケーターを内蔵するとともに、Sルーフスポイラーを装着する。

なお、アドバンスドにSラインの要素を加えた「プラスパッケージ」、全モデルに「アウディエクスクルーシブ」による「ブラックスタイリングパッケージ」をオプションとして用意。アドバンスドには、アーティフィシャルレザーを用いたドアアームレストやセンターコンソール、リアシートヒーターなど採用の「ラグジュアリーパッケージ」の設定もある。

Q5シリーズの高性能バージョンSQ5は、アルミニウムルックインサートが組み込まれたSモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルで特別感を強調。新装備のマトリクスOLED(有機EL)がリアライトに標準装備される。

シート素材はダイナミカ/レザーのコンビネーションが標準装備。オプションのレザーパッケージを選択すると、ダイヤモンドステッチ付きのレザーとなる。左ハンドル仕様の選択も可能だ。

パワートレーンは、3L V6 DOHCターボ(最高出力354ps/最大トルク500Nm)と8速ATの組み合わせ。機械式センターディファレンシャルを搭載するクワトロシステムと、ダンピングコントロール Sスポーツサスペンションにより、ダイナミックなハンドリング性能と上質な乗り心地の両立を実現したという。

足元には5ツインスポークデザインの20インチアルミホイールを標準装着。オプションで21インチホイールが用意されている。

アウディ Q5 ラインアップ

40 TDI クワトロ アドバンスド(2L直4ディーゼルターボ・204ps/400Nm):681万円
40 TDIクワトロ Sライン(2L直4ディーゼルターボ・204ps/400Nm):739万円
45 TFSIクワトロ アドバンスド(2L直4ガソリンターボ・249ps/370Nm):730万円
45 TFSIクワトロSライン(2L直4ガソリンターボ・249ps/370Nm):788万円
SQ5(3L V6 ガソリンターボ・354ps/500Nm):915万円
※いずれも税込、右ハンドル仕様。SQ5のみ左ハンドルも用意される。