ポルシェデザインは2022年、50周年を迎える。それを記念して12月にサザビーズ ニューヨークで開催されるオークションに、1972年に製造されたポルシェ 911Sタルガの復元モデルと、同じく1972年製の伝説的なクロノグラフをベースにした腕時計を出品する。

ポルシェデザインの50周年を記念したクルマと時計

1963年に最初のポルシェ 911を世に送り出したフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ(以下、F.A.ポルシェ)は、1972年にクルマのデザインだけでないライフスタイル ブランドとして「ポルシェデザイン」を立ち上げた。インテリジェントな機能と洗練されたデザインをシームレスに組み合わせた、彼の哲学とデザイン言語は、今もすべてのポルシェデザイン製品に見ることができる。

2022年末にサザビーズはニューヨークで開催される年2回のマルチカテゴリー ラグジュアリーウイーク シリーズのハイライトとして、世界中のクロノグラフ愛好家や自動車愛好家に向けて、このクルマと時計を出品する。落札者には、時計とクルマのキーが入ったスタイリッシュな化粧箱も贈られる。

この時計、「クロノグラフ1-911S 2.4タルガ」は、今回のオークションのために特別に開発された。ケース背面のデザインは、1972年式911S 2.4タルガのホイールのデザインに対応させたものだ。着用者の手首の動きをエネルギーに変換して、回転に最適化された方法で機械式クロノグラフのキャリバーを駆動する。

オリジナルの「クロノグラフ1」をデザインする際、F.A.ポルシェはデザインの原則をスポーツカーから手首に移し、精度、機能性、美学に新しい表現を与え、この特別な時計の形で本物のポルシェ スポーツカーのフィーリングを提供するという目標を一貫して追求した。

その結果、世界初のオールブラックの腕時計が誕生した。マットブラックの文字盤、赤いストップウォッチの秒針、発光時間インデックス、高品質のアンチグレアクリスタルを備え、すべてのディテールは、最適な読みやすさを確保するように設計された。これは、スポーツカーのコクピットにあるアンチグレアディスプレイからインスピレーションを得たアプローチだ。

「クロノグラフ1-911S 2.4タルガ」は500点限定で、細部に至るまでオリジナルのデザインに忠実だ。たとえば、文字盤、リューズ、リストバンド、ケースバックには、歴史的なポルシェデザインのロゴが入れられている。変更点は、チタンの使用や新しいムーブメントと防水ケースの追加など、現在の技術基準に合わせるものだった。こうして、F.A.ポルシェによる最初のデザイン製品は、2022年に訪れた50周年を記念して、説得力のある復活を遂げたのだった。

50年前の911S 2.4タルガも50年を記念して復元

1972年製の911S 2.4タルガは、ポルシェデザインとの緻密な協力で、ポルシェクラシックによるユニークなプロジェクトの一環として復元された。黒いスポーツテックスのチェッカーフラッグ模様など、オリジナルの歴史的なファブリックを備えており、サイドストライプ、ヘッドレスト、ダッシュボードなどに「50 Years of Porsche Design Edition」のロゴがエンボス加工されている。

タルガのロールバーはプラチナサテン仕上げで、リアのエンジンカバー グリルには、F.A.ポルシェのサインが入った「ポルシェデザイン50年」を記念するエンブレムが装着されている。

また、1972年にF.A.ポルシェがデザインしたクロノグラフの配色も取り入れ、インテリア/エクステリアともブラック基調とされている。オーナーズマニュアルやツールバッグも「50 Years of Porsche Design」のロゴが入れられ、詳細な説明書、キーフォブ、実車と同じモデルカーを備えたケースも備わっている。

落札額が27万5000USドル(約3800万円)〜32万5000USドル(約4500万円)と推測される、このクルマと時計は、前述のように2022年12月に開催されるサザビーズ ニューヨーク ラグジュアリーウイークに出品されるが、その前に8月に開催されるモントレー カーウイーク 2022で、ヨーロッパ以外のクラシックカー愛好家や時計コレクターにお披露目される予定だ。