2020年11月7日、FCAジャパンはアバルト 595の限定車「595 Scorpioneoro(スコルピオーネオーロ)」を限定200台で設定し、特設Webサイトを通じて予約受付を開始すると発表した。

インテリアの仕上がりぶりも渋い!

1970年代にアバルトが手がけたホットハッチ、アウトビアンキ A112アバルト。1979年、このモデルをベースにした150台の限定車「タルガ オーロ」が発売された。ブラックのボディを引き立てるゴールドのアクセントを特徴としていた。

今回の限定車「595 スコルピオーネオーロ」は、コレクターズカーとなったこの限定車をオマージュして、そのコンセプトを現代風に再現したものだ。生産台数は、世界限定2000台。ちなみに、スコルピオーネはイタリア語でサソリ、オーロは金色を意味する。

エクステリアはブラックを基調に、ゴールドのボンネットステッカーやボディを取り巻くゴールドビューティライン、ゴールド仕上げのアルミホイールを採用している。さらに、マットブラックのチェッカードルーフやブラック仕上げのブレーキキャリパー、ゴールドのロゴバッジなど、細部にまでボディを引き立てる特別な演出が施されている。

インテリアには、「Scorpioneoro」の刺繍やスコーピオンのロゴをモチーフとしたカモフラージュ柄インサートを備えた専用スポーツシートや、ブラック仕上げの専用インストルメントパネル、センターコンソールには限定車ロゴプレートを採用。また、Beats オーディオシステムを特別装備し、サウンドにもこだわっている。

ベース車は595 ツーリスモで、165psと210Nmを発生する1.4Lの直4 DOHCターボを搭載。トランスミッションは5速MTと5速AMTが設定され、ハンドル位置も左右とも選べる。

車両価格(税込み)は、5速MTが368万円、5速AMTが379万円。前述のとおり日本への割り当て分は200台の限定で、右/左ハンドルとも5速MTが各60台、5速AMTが各40台となっている。予約は、[特設Webサイト]で開始されている。

●■アバルト 595 スコルピオーネオーロ 専用装備

●専用レザー/ファブリック シート
●専用インストルメントパネル(ブラック仕上げ)
●限定車ロゴプレート(センターコンソール)
●専用フロアマット(ゴールドプレート付き)
●ブレーキキャリパー(ブラック仕上げ)
●595エンブレム(サイド)
●595 Scorpioneoro エンブレム(リア)
●ゴールドスコーピオン ボンネットステッカー
●マットブラック チェッカードルーフ
●ゴールドビューティライン
●専用17インチ14スポーク アルミホイール
●205/40R14タイヤ
●Beats オーディオシステム

●アバルト 595 スコルピオーネオーロ 主要諸元

●全長×全幅×全高:3660×1625×1505mm
●ホイールベース:2300mm
●車両重量:1120kg
●エンジン種類:直4 DOHCターボ
●排気量:1368cc
●最高出力:121kW<165ps>/5500rpm
●最大トルク:210Nm<21.4kgm>/2000rpm
※SPORTスイッチ使用時:230Nm<23.5kgm>/2250rpm
●トランスミッション:5速MT(5速AMT)
●駆動方式:横置きFF
●WLTCモード燃費:14.2km/L(13.4)
●タイヤ:205/40R17
●税込み車両価格:368万円(379万円)