2022年11月1日(英クルー・現地時間)、ベントレーよりサステナビリティを重視した12カ月限定生産のスーパーラグジュアリーSUV「ベンテイガ オデッシアン エディション」の発表が行われた。日本への導入は未定だ。

走行性能と環境への配慮を高次元で融合

ベントレーがリリースした12カ月限定生産モデルのスーパーラグジュアリーSUV「ベンテイガ オデッシアン エディション」は、2021年に「フライングスパー」で初めて設定された「オデッシアン エディション」がひな形となる。2035年のラグジュアリーモビリティを見据え、「ビヨンド100」戦略の一環として製作されたコンセプトカー「EXP 100 GT」を参考にしてデザインされたモデルだ。

「ベンテイガ オデッシアン エディション」のエクステリアは、ボディの低めの位置にあるブライトウェア(前後バンパー、ヘッドライトサラウンド、テールライトサラウンド、ボディサイド下部のクローム)と22インチ10本スポークホイールに、アクセントカラーとして「ペールブロッガー」のペイントが施される。

ボディカラーはアクセントカラーの「ペールブロッガー」と調和するよう用意された6色が推奨カラーとして用意されるが、全60色以上のカラーパレットから選択することも可能だ。

パワートレーンは、「フライングスパー」同様にサステナビリティを意識してPHEV(プラグインハイブリッドシステム)が搭載される。従来のハイブリッドモデルのパワーアップバージョンで、3L V6DOHCターボと100kWのモーターのコンビネーションで、システム最高出力は462ps(従来型は449ps)を発生する。その走行性能は5.3秒で0km/hから100km/hまで達するというものだ。

ドライブモード(ベントレーではEモード)は、EVドライブモード、ハイブリッドモード、ホールドモードの3種類を用意。クルマの電源を入れるとまずはEVドライブモードになり、135km/hに達するまでモーターが駆動する。モーターのみの航続距離は45km(WLTP)となっている。

ハイブリッドモードは、インテリジェントなナビゲーションシステムのデータに基づき、効率性と航続距離を最大限に引き出してくれる長距離ドライブに適したモードだ。ナビゲーションシステムに目的地を入力すると、走行シーンごとに適切なドライブモードが自動的に選択され、バッテリーの電力を最も効率的に利用するための計算が絶えず行われる。

ホールドモードではエンジンと電力がバランスよく使い分けられ、必要なときに電力で走行できるように高圧バッテリーの充電量が維持される。ドライブダイナミクスモードのスポーツモードを選ぶとデフォルトでホールドモードになり、ブーストと回生が確実に行われる。

シンプルで洗練度の高いインテリア

キャビンに目をやると、サステナビリティへのこだわりが強く感じられる。センターコンソールに使用されるオープンポア仕上げのコア材は、ハイグロス仕上げのウッドパネルに比べてラッカー使用量が90%少ないため、コア材が持つ美しくナチュラルな風合いを引き立たせる。

オープンポアのウッドパネルは杢目の美しい最高のコア材を厳選し、ラッカーを3層だけ重ねているが、ラッカー塗膜は3層合わせて、わずか0.1mmという薄さだ。また、英国産ウール100%のツイード生地を使用したパネルも使用される。褐色の糸で織られた天然素材の高級ツイード生地はベントレーのために特別に製作されたものだ。

フェイシアとウエストレールには、シンプルで洗練された「ピアノリネン」のウッドパネルが使用される。インテリア全体を彩るレザーは、「ベルーガ」、「ポーポイズ」、「クリケットボール」、「ブルネル」、「バーントオーク」の5色から選択したカラーに、明るくモダンなレザーである「リネン」を組み合わせ、アクセントカラーとしてソフトで温かい印象の「オータム」が配される。こうして完成する3色のカラーパレットは、第2世代のベンテイガでは初採用となる。

オデッシアンエディション専用のトレッドプレートも「ならでは」だ。トレッドプレートはDピラーのエクステリアバッジと統一されたデザインとなる。シートには、「フライングスパー オデッシアン エディション」に採用されたオンブレ(ぼかし)仕上げの刺繍が施される。

乗員のウェルビーイングと快適性にも、「アズール」グレード同様に重きを置いている。シートを最大22段階に調節できるほか、ヒーターとベンチレーターの機能を有する「フロントシート コンフォート スペシフィケーション」が標準で装備される。

先進残安全機能(ADAS)面では、アダプティブクルーズコントロールやレーンアシストをはじめとする各種ドライバーアシスタンスシステムが揃った「ツーリングスペシフィケーション」が標準で備えられている。