2022年9月9日〜11日、 世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レースが富士スピードウェイで開催される。WECが日本で開催されるのは2019年以来3年ぶり。2021年に導入されたハイパーカーカテゴリーの車両が日本に上陸するのは今回が初めてとなる。

ハイパーカー上陸、トヨタvsプジョーvsアルピーヌの三つ巴か

WEC世界耐久選手権は、速さだけでなく、その名の通りマシンの耐久性も競うレース。プロトタイプカーや市販車をベースとした車両がさまざまなクラスに分かれて戦うが、やはり注目はメーカーによるワークスチームが主体となる「ハイパーカー」クラスだろう。

2021年シーズンから導入されたハイパーカー規定はハイブリッドシステムの搭載が選択できるのがポイント。BoP(性能調整)が行われるのも特徴だが、2021年シーズンはトヨタGR010ハイブリッドがシリーズを席巻した。

ハイパーカー2年目となる今シーズンはBoPがさらに強化され、トヨタとアルピーヌ、グリッケンハウスの間で拮抗した戦いが繰り広げられている。トヨタが第2戦スパ・フランコルシャンと第3戦ル・マン24時間、アルピーヌが開幕戦セブリングと第4戦モンツァで勝利。第4戦モンツァではグリッケンハウスがポールポジションを獲得している。

さらにその第4戦モンツァからプジョー9X8が参戦を開始。デビュー戦こそトラブルに見舞われたが、2戦目となる第5戦富士でどんな走りを見せるのか注目される。今後シリーズの主役になる存在になっていくのは間違いないだろう。

●【参考】2022年WEC第4戦モンツァ6時間 決勝結果

優勝 36 アルピーヌ・エルフ/アルピーヌ A480-ギブソン 194周
2位 8 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド+2.762s
3位 7 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド+2周
4位 41 リアルチームby WRT/オレカ 07-ギブソン(LPM2) +6周
5位 38 JOTA/オレカ 07-ギブソン(LPM2) +6周

●■2022年WECハイパーカークラス マニュファクチャラーズランキング

1位 トヨタ121
2位 アルピーヌ106
3位 グリッケンハウス70
4位 プジョー12

●■2022年WECハイパーカークラス ドライバーズランキング

1位 アンドレ・ネグラオ/ニコラス・ラピエール/マシュー・バキシビエール(アルピーヌ)106
2位 セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮(トヨタ)96
3位 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス(トヨタ)76

ひときわスタイリッシュなプジョー9X8はいよいよ本領発揮か?

第5戦富士のハイパーカークラスのエントリーリストには、3チーム5台の車両が載っている。トヨタGR010ハイブリッドが2台、アルピーヌ・エルフ・チームのA480が1台、それに、プジョー・トタルエナジーズのプジョー9X8が2台だ。第3戦ル・マン24時間や前戦モンツァ6時間に出場したグリッケンハウス・レーシング(グリッケンハウス007LMH)はエントリーしていない。

ちなみにトヨタGR010ハイブリッドは3.5L V6ツインターボにハイブリッドの組み合わせ、プジョー9X8は2.6L V6ツインターボとハイブリッドの組み合わせ。アルピーヌA480はハイブリッドシステムを搭載していない。

このほか、空力デバイスやサイズ、ハイブリッドの場合はモーターを使用できる速度域も細かく規制されているが、トヨタGR010ハイブリッド、プジョー9X8、アルピーヌA480が富士スピードウエイでどんな戦いを見せるのか、世界が注目している。

WEC第5戦富士6時間は、9月9日11時から始まる公式練習でスタートする。

●■2022年WEC第5戦富士6時間耐久レース スケジュール

公式練習1回目:9月9日11時〜12時30分
公式練習2回目:9月9日15時30分〜17時
公式練習3回目:9月10日10時20分〜11時20分
GTEクラス予選:9月10日14時40分〜14時50分
パイパーカー/LMP2クラス予選:9月10日15時〜15時10分
決勝 :9月11日11時〜17時