2022年1月13日、ボルボ・カー・ジャパンはボルボ60シリーズと90シリーズのリチャージ プラグインハイブリッドモデル(PHEV)5車種のパワートレーンを一新したと発表。同日より販売が開始された。

ターボ+スーパーチャージャーエンジンから、ターボエンジンへ

ボルボ電動化戦略の先頭を切って、2016年より導入が開始されたリチャージプラグインハイブリッドに初の大幅刷新が行われた。今回対象となるのは、中・大型車用プラットホームとなるSPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャ)を採用しているS60、V60、XC60、V90、XC90、5車種で展開されているリチャージプラグインハイブリッドだ。

特に注目したいのが、駆動用のリチウムイオンバッテリーだ。バッテリー容量を従来から約60%増の18.8kWhとし、EVモード最長航続距離が現行モデルの約2倍となる約70〜90km(欧州参考値)を実現している。

日常走行でのEV利用可能範囲が大幅に拡大するとともに、長距離ドライブでエンジンを併用したハイブリッドモデルとしての利便性がこれまで以上に高まったといえるだろう。

エンジンは、さらなる高効率とドライバビリティの改善を目的に、過給機を従来のターボ+スーパーチャージャーによるダブル過給とされていたが、2L 直4 DOHCターボに変更された。同様の意図で、組み合わされるCISG(クランクインテグレテーッドスタータージェネレーター)の出力の向上も図られている。

リア搭載の駆動用モーターにも手が加えられ、出力を従来比で約65%アップさせて107kWとしている。EV走行時の俊敏でパワフルな電動走行と、優れた回生ブレーキ性能を目指してのことという。

出力レベルを2種類用意されて、「T6」は合計出力で350ps、「T8」は462psとなる(いずれも参考合算出力値)。

60シリーズ「T6リチャージ プラグインハイブリッド」の新パワートレーン

エンジン形式:2L直4 DOHCターボ
エンジンパワー:253ps/350Nm
モーターパワー:前52kW/165Nm、後107kW/309Nm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD

90シリーズ「T8リチャージ プラグインハイブリッド」の新パワートレーン

エンジン形式:2L直4 DOHCターボ
エンジンパワー:317ps/400Nm
モーターパワー:前52kW/165Nm、後107kW/309Nm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD

ボルボのリチャージ プラグインハイブリッド ラインナップ

・S60リチャージ プラグインハイブリッド T6 AWDインスクリプション エクスプレッション:694万円
・S60リチャージ プラグインハイブリッド T6 AWDインスクリプション:809万円
・V60リチャージ プラグインハイブリッド T6 AWDインスクリプション エクスプレッション:694万円
・V60リチャージ プラグインハイブリッド T6 AWDインスクリプション:809万円
・XC60リチャージ プラグインハイブリッド T6 AWDインスクリプション エクスプレッション:799万円
・XC60リチャージ プラグインハイブリッド T6 AWDインスクリプション:914万円
・V90リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWDインスクリプション:1034万円
・XC90リチャージ プラグインハイブリッド T8 AWDインスクリプション:1149万円