2022年9月13日(伊・現地時間)、フェラーリは同社初となるSUVモデル「プロサングエ(PUROSANGUE)」を発表した。かつてない「厚みたっぷり」のボディシェイプながら、やはり史上初の4ドア4シーターのたたずまいは見事に、揺るぎなきフェラーリ・クオリティで完成されている。

ダイナミックさとスポーティさが融合したフォルム

フェラーリ75年の歴史で初のSUVにして4ドア4シーターモデル「プロサングエ(PUROSANGUE)」が世界に向けその姿を現した。イタリア語で「サラブレッド」を意味するネームには、「跳ね馬」をアイコンとするフェラーリの強い意気込みを感じ取ることができる。

エアロダイナミクスにこだわり抜いて設計されたこのモデルには、数々のイノベーションが取り入れられている。その代表例が、最新の車両ダイナミック コントロール システム。マルチマティック社のトゥルー アクティブ スプール バルブ(TASV)システムを採用した、アクティブサスペンションテクノロジーの世界初採用だ。

エクステリアは、まずヒンジ式の後席用ドアが目に付く。この「ウェルカムドア」の採用により車体を大きせずに、乗降性を可能な限り高めることが可能になったという。

フロントグリルがないことも特徴だ。そのために、下部のディヘドラル(二面角)形状が強調され、ダイナミックかつスポーティな印象を与えている。ディヘドラル形状はサイドビューにも採用され、同様の効果を発揮。リアは、テールへとダイブしたような独特のフォルムが、類まれな力強さを感じさせてくれる。

近年、フェラーリが追求し続ける「洗練感」を満喫できる

一方のインテリアは、「快適性とエレガンス」にフォーカスし、高級な素材と驚きの空間を融合」がキーワードとなっている。スポーツマインドたっぷりのコックピットは、PHEV「SF90ストラダーレ」から着想を得たそうだ。

助手席のスポーツマインドをくすぐる仕掛けも、最新のフェラーリならではだろう。パフォーマンスの値を表示する、10.2インチの専用スクリーンが装備され、同乗者もドライバー同様にドライビング体験を楽しむことができるのだ。

他には、フェラーリ史上最大のトランクや、前後シートヒーターおよびブルメスター製ハイエンドオーディオシステムの標準装備といった「おもてなし」の充実ぶりも忘れてはいけない。

ハイパフォーマンスとサステナビリティの、ミラクルな共存共栄

パフォーマンスは、もちろんフェラーリの名に恥じないものとなっている。時速0−62マイル加速3.3秒、時速0−125マイル加速も10.2秒という数値がその高い走行性能を物語っているだろう。

その裏付けとなるパワーソースは、6.5Lの自然吸気V12エンジン。最高出力725psを7750rpmで、最大トルク716Nmを6250rpmで発生する。830psの限定モデル「812 コンペティツィオーネ」のシリンダーヘッドが採用されていることもあり、そのエンジンサウンドはことのほかエキサイティングなものとなっているそうだ。

組み合わされるトランスミッションは、8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)で駆動は4WDとなる。

ハイパフォーマンスだけではなく、自然環境への目線も忘れていない。ファブリック製のルーフライニングには再生ポリエステルを、カーペットには漁網から再生されたポリアミドを、そして新しいアルカンターラにも再生ポリエステルを使用するなど、車両生産の85%がサステナビリティを意識したものとなっている。

●フェラーリ プロサングエ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4973×2028×1589mm
●ホイールベース:3018mm
●車両重量:2033kg(乾燥重量)
●エンジン:V12 DOHC
●総排気量:6496cc
●最高出力:725ps/7750rpm
●最大トルク:716Nm/6250rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:4WD
●タイヤサイズ:前255/35R22、後315/30R23