扱いやすいサイズのボディにパワフルな直列5気筒ターボエンジンと先進の駆動システムを採用したA3シリーズでもっともスポーティな「RS3」の最新型が登場した。最後になるであろう高性能エンジンと先進の駆動システムが織りなす走りをお伝えする。(Motor Magazine2021年12月号より)

RS3だけの数々の装備が走りへの期待を盛り上げる

アウディA3をベースにした初代RS3は2011年のジュネーブオートショーで公開され、同じ年の初夏に欧州で発売された(日本は未導入)。2.5L直ターボエンジンは340psに450Nmを発生し、0→100km/h加速が4.6秒、最高速度は250km/hを実現。当時としてはクラストップの性能を誇っていた。2015には第2世代のRS3が登場し、その2年後に367ps/465Nmから400ps/480Nmへとパワーアップしている。

ところが、2021年の3月にアウディのマルクス・デュースマン社長は2026年からICE搭載のニューモデルは販売せず、2033年までにICEを搭載するモデルの生産を順次中止していくという声明を出した。つまり、2020年から市場投入されているRS3のベースとなるA3は現行型が最後で、後継モデルはないということである。

当然、その結果としてRS3の去就が危ぶまれていたが、アウディは2021年の7月に後継モデル(開発コード:8Y)の存在を発表、ティザーイベントでその姿を公開。そして今回、待望の試乗会がギリシャのアテネで開催された。2日間にわたる試乗プログラムは3つのパートに分けられており、初日はアテネとその近郊の一般道路で試乗した。

ニューRS3には立体的なハニカムグリル、チェッカーフラッグがレイアウトされたLEDヘッドライトユニット、リアでは本の楕円形ビッグエキゾーストパイプ、そしてS専用デザインのディフューザーなどを装備。「RS」のオーラを漂わせている。

スポーツトリムで仕上げらているインテリアは、RSロゴ入りのスポーツシートを標準装備。下部が削られたスポーツステアリングホイールの12時位置にはボディカラーに合わせたポイントがマーキングされ、スポーク部分には新たにRSドライブモードスイッチが設けられている。バーチャルコックピットは基本的にはA3と同じだがグラフィックとメニューはRS専用でGメーターやシフトインジケーター、ギアオイルと冷却水の温度計が加わっている。

直5ターボエンジンの独特なビートを伴いながらギリシャの高速道路に入ると推奨速度の130km/hには瞬時に達し、アクセルペダルの余裕から想像するに最高速度の290km/hも単なるカタログ値ではなく、ある程度の平たん路であれば到達可能だと感じた。もちろん高速でのスタビリティは文句なしで、この速度域でのロングツーリングは快適だ。

一般路走行のあと、休む間もなくかなり広い駐車場のような場所に案内された。そこはプレスカンファレンスで説明されたRSトルクスプリッターを実体験する場所だった。まずは40km/hで円周路を周回、インストラクターの合図でフルスロットルにする。するとトルクはリア方向、正確にはコーナーの外側の後輪へ最大で100%伝達され、自分でも驚くほど簡単かつきれいな姿勢でドリフトに持ち込むことができた。しかもこの状態で大げさなカウンターステアを当てる必要がなく、ドライバーはアクセルワークに専念しているだけでいい。システムとエンジンが協調することでこの走りを可能にしているのだ。

座学ではなかなかピンとこなかったトルクスプリッターの効果を実体験できた。百聞は一見に如かず、というより実体験は紙の上の知識を遥かに超えることを改めて実感すると同時に、スポーツモデルを自在に操ることを可能にしたこの新システムに敬服した。

サーキットでは想像以上の高速旋回性能を体感

2日目はアテネから西へおよそ35kmの場所にあるアテネサーキットでスポーツ走行を体験した。ここに現れたRS3は、このシリーズとしては初めてオプションで用意されているセミスリックタイヤのピレリ Pゼロ トロフェオRが装着されていた。

サーキットブリーフィングの後、アウディのワークスドライバー、フランク・シュティップラー氏がドライブするペースカーに続いての高速カルガモ走行をする。ここではドライブモードをクローズドサーキット用にプログラムされたRSパフォーマンスにセット。

すると昨日テストしたRSトルクリアモードと同じようにアイドリング回転数がやや高くなりスタンバイ。走り出すとSトロニックのシフト特性も変化、各ギアでのシフトアップまでの時間が長くなる。

スポーツ走行はかなりのハイペースだったが前日のドリフト走行のおかげでRSトルクスプリッターの特性がわかっていた。そのため無駄のないアクセルワークとハンドル操作で先行車に追従でき、まるで運転の腕がワンランク上がったように感じた。

またこのシステムに呼応するように前述のセミスリックスポーツタイヤのグリップ力によって、ほぼすべてのコーナーでかなりのスピードにも関わらずニュートラルステアを維持することができた。さらにコーナーを脱出してストレートへ向かう際の胸のすくようなエンドレスな加速フィールは自分がまるでツーリングカーレースのドライバーになってフィニッシュラインに向かうような気持ち良さだった。

ファイナルエディションとも言えるニューRS3は、一般道路、サーキットともに相応しい高い完成度と成熟度を発揮。久々にICE搭載モデルで走る楽しさを満喫できた。価格はRS3スポーツバックが6万ユーロ(約800万円)、セダンは6万2000ユーロ(約830万円)と安くはないが、5気筒ターボエンジンを搭載した稀有なハイパーハッチ&セダンであることを考えれば投資する価値は十分にある。それが2日間で得た感想だ。

ドイツでの発売は2021年10月末だが、日本では2022年の初頭と発表されているから、思い悩む時間はまだ十分に残されている。(文:アレキサンダー・オーステルン<キムラ・オフィス>/写真:キムラ・オフィス、アウディAG)

●アウディ RS3 スポーツバック 主要諸元

●全長×全幅×全高:4389×1851×1436mm <4542×1851×1412mm>
●ホイールベース:2631mm
●車両重量:1570kg<1575kg>
●エンジン:直5 DOHCターボ
●総排気量:2480cc
●最高出力:294kW(400ps)/5600−7000rpm
●最大トルク:500Nm/2250−5600rpm
●トランスミッション:7速DCT(Sトロニック)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・55L
●WLTPモード燃費:11.3−12.0km/L <11.4−12.1km/L>
●タイヤサイズ:前265/30R19、後245/35R19
※<>内はRS3セダンの数値。
※上記数値はすべて欧州仕様、またはそれに基づいた編集部による換算値。