2021年6月6日、F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝が首都バクーの市街地サーキットで開催され、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが優勝。2位にはアストンマーティン・メルセデスのセバスチャン・ヴェッテル、3位にアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが入った。角田裕毅は自己最高7位となった。

独走フェルスタッペンに、残り5周で悲劇

最終アタック中の赤旗で確実と思われたポールポジションこそ逃したものの、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは絶好調だった。

7周目に入るところでシャルル・ルクレール(フェラーリ)をオーバーテイクすると、1回目のタイヤ交換時にルイス・ハミルトン(メルセデス)をもかわして首位浮上。その後、ランス・ストロール(アストンマーティン・メルセデス)のタイヤトラブルによるクラッシュで出たセーフティカー後の再スタートも無難にこなし、モナコに続く2連勝は確実な情勢だった。

しかし46周目、残り5周となったホームストレートで、レッドブル・ホンダの左リアタイヤが突然バースト。フェルスタッペンは為す術もなくクラッシュしてしまう。30周目に起きたストロールのアクシデントとまったく同じ状況だった。

フェルスタッペンとレッドブルににとっては、選手権争いでハミルトンとの差をさらに広げられるはずだっただけに、痛いタイヤトラブルとなった。

中断後の超スプリントレースを制し、ペレスが移籍後初優勝

フェルスタッペンのアクシデントでの赤旗中断後、なんとレースは残り2周でのスプリントレースとして再開。スタンディングでのスタートでは蹴り出しよく先頭に出たハミルトンが、ターン1のブレーキングまさかのオーバーラン。これで首位に立ったペレスがそのまま逃げ切って自身2勝目、レッドブル移籍後初優勝を遂げた。

2位は予選11位から追い上げたヴェッテル。3位にはアルファタウリのガスリーが入り、ガスリーのチームメイトの角田裕毅は再レースのスタートで順位を落としたものの、自己最上位の7位に入っている。

一方、再レースのスタートで順位を落としたハミルトンはフェルスタッペンとともに無得点に終わっている。

第7戦フランスGPは6月18日にポール・リカール・サーキットで開幕、6月20日に決勝レールが開催される。フランスGPの翌週からはオーストリアでの2連戦となり、ここから3週連続の戦いとなる。

●2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝 結果

1位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)51周
2位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)+1.385s
3位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)+2.762s
4位 16 C.ルクレール(フェラーリ) +3.828s
5位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+4.754s
6位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)+6.382s
7位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) +6.624s
8位 55 C.サインツ(フェラーリ)+7.709s
9位 3 D.リカルド(マクラーレン・メル セデス)+8.874s
10位 7 K.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)+9.576s
・・・・・・・・・・
リタイア M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

●2021年F1ドライバーズランキング(第6戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 105
2位 L.ハミルトン(メルセデス) 101
3位 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)69
4位 L.ノリス(マクラーレン・メル セデス) 66
5位 C.ルクレール(フェラーリ) 52
6位 V.ボッタス(メルセデス) 47
・・・・・・・・・・
8位 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)31
14位 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) 8

●2021年コンストラクターズランキング(第6戦終了時)

1位 レッドブル・ホンダ 174
2位 メルセデス 148
3位 フェラーリ 94
4位 マクラーレン・メルセデス 92
5位 アルファタウリ・ホンダ 39
6位 アストンマーティン・メルセデス 37