1994年の初代デビュー以来、常にアウディブランドの技術的フラッグシップの役割を担ってきたアウディA8。その第4世代モデルが発売開始から3年半を経て、大がかりなアップデートが施された。S8にもMHEVを採用するなど、現代のプレミアムサルーンらしい進化を遂げている。

S lineエクステリア/インテリア オプションパッケージを初設定

フラッグシップサルーンとして、デザインを一新。とくに存在感を増したフロントシングルフレームグリルや、各部のクロームインサート追加などによって、端正でエレガントなフォルムにさらなるプレステージ性が加わっている。

さらに全モデルにマトリクスOLED(有機発光ダイオード)リアコンビネーションライトを標準装備。走行モードに合わせて表情が変わるほか、後続車の過度の接近に対して全セグメントを点灯させるなど、デザイン性、機能性もより高められた。

今回の改良に合わせて、A8としては新たにS lineエクステリアがオプション設定された。ブラックハニカムパターンのグリルに加え、バンパー、20インチのホイールなどが専用デザインとなる。スポーティなたたずまいの中に、威風堂々とした強い存在感がひときわ際立つ仕様だ。インテリアにも同じく「S line プラスパッケージ」が設定されている。

最強のS8も含め、全車が48V マイルドハイブリッドに

A8に搭載されるパワートレーンは、3L V6ターボ(最高出力340ps/最大トルク500Nm)と4L V8ツインターボ(同460ps/660Nm)の2タイプを設定。どちらも48V マイルドハイブリッドと8速ティプトロニック、クワトロ フルタイム4WDシステムを採用している。

さらに高いパフォーマンスを誇る新型S8には、571ps/800Nmを発生する4L V8ツインターボを搭載。こちらもMHEVと8速ティプトロニックの組み合わせで、高性能と優れた効率を両立させている。

専用デザインとなる前後バンパーとともに、シングルフレームグリルにアルミニウムルックインサートを加えたハニカムデザインを採用。4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャーや5ダブルスポークスターデザインの21インチアルミホイールなど、全身で精悍さが増している印象だ。

全方向での事故発生を予測、衝撃を軽減する「アウディプレセンス360」や、縁石への接触ダメージを未然に防ぐ「カーブストーンアシスト」など、セイフティ性能、運転サポート性能でもブラッシュアップされた新型A8シリーズは、eトロン系とはまた違う形で、トラディショナルなアウディらしさを極めたニューモデルと言えそうだ。

●アウディA8 55 TFSI quattro主要諸元

●全長×全幅×全高:5190×1945×1470mm
●ホイールベース:3000mm
●車両重量:2030kg
●エンジン:V6DOHCターボ
●総排気量:2994cc
●最高出力:250kW(340ps)/5000-6400rpm
●最大トルク:500Nm/1370−4500rpm
●トランスミッション:8速AT(ティプトロニック)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・82L
●WLTCモード燃費:9.5km/L
●タイヤサイズ:255/45R19

●アウディS8 主要諸元

●全長×全幅×全高:5190×1945×14750mm
●ホイールベース:2998mm
●車両重量:2295kg
●エンジン:V8DOHCツインターボ
●総排気量:3996cc
●最高出力:246kW(571ps)/8000rpm
●最大トルク:800Nm/2050−4500rpm
●トランスミッション:7速AT(ティプトロニック)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・82L
●WLTCモード燃費:8.2km/L
●タイヤサイズ:265/35R21

●新型アウディA8/S8 ラインナップ&価格

A8 55 TFSI quattro 3LV6ターボ(340PS/500Nm)1190万円
A8 60 TFSI quattro 4LV8ツインターボ(460PS/660Nm)1635万円
A8 L 60 TFSI quattro 4L V8ツインターボ(460PS/660Nm)1800万円
S8 4L V8ツインターボ(571PS/800Nm)2050万円