2021年8月29日に行われたF1第12戦ベルギーGP決勝は、降り続く雨によりセーフティカー先導走行のみで終了となり、予選でポールポジションを獲得して先頭を走っていたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の優勝となった。しかし、規定周回数に満たなかったため、ポイントは通常の半分。ポールポジションを獲得していたフェルスタッペンにとって、この結果はラッキーだったのか、アンラッキーだったのか。シーズン終了時、これがどう影響するのだろうか。

フェルスタッペンはタイトル争いでハミルトンをわずかに逆転できず

ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンは、降り続く雨をどう見ていたのだろうか。セーフティカーのすぐ後ろで隊列をリードする立場としては、もしレースを再開できていたとしたら、レースをコントロールしやすかったとも言えるが。

それについてフェルスタッペンは「15時30分時点のコンディション(最初のスタート)のほうがリスタートしたタイミングよりもよかったかもしれませんが、それでも視界は非常に狭かったですし、レースができなかった理由も理解できます。僕は先頭にいたので、セーフティカーの後ろとはいえ視界は悪くはなかったですが、後方のドライバーは何も見えなかったはずなので、もし誰かがオールージュでコースアウトしてラインへ戻ってくるようなことがあれば、誰も望まぬ高速走行下でのTボーンクラッシュが起きる可能性もありました。このコースは大好きなので、いつものようなレーシングラップができなくて残念ですが、今日のようなコンディションでは不可能でした」と語っている。

結局、15時開始予定のレースは30分ほど遅れてスタートしたものの、視界不良ですぐに赤旗中断。3時間近くの待機時間を経て、再びセーフティカー先導でスタートするも、やはり状況は回復せず赤旗終了となった。

その結果、レースリザルトは予選順位のままフェルスタッペンが優勝、メルセデスのルイス・ハミルトンは3位となった。この結果についてフェルスタッペンは「勝利を挙げてポイントを獲得することは重要ですが、今日は誰もが望まぬ形になりました。特に、レッドブル・ホンダの50戦目のグランプリだっただけに残念です。結果として、昨日ポールを取っていたことが大切でしたね」とコメント。「冷たい風雨の中で一日中待ってくれたファンの皆さんを称えたいです。こんなコンディションで座っているのは本当に大変だったと思うので、心から感謝していますし、今日の真の勝者は観客の皆さんです」とファンへの思いを続けている。

フェルスタッペンにとって優勝できたことは大きいが、問題は規定周回数に満たなかったため、獲得ポイントが通常の半分となったこと。優勝したのにフェルスタッペンは12.5点しか獲得できなかったとも言える。もしレースが再開されていたとしても結果がどうなったかはわからないが、ポールポジションのフェルスタッペンが勝利をあげていた可能性は高く、そのままの順位となったと仮定すれば、フェルスタッペンがハミルトンを抜いて再びドライバーズランキングトップに浮上していた。その意味では、ポイントリーダーの座を守ったルイス・ハミルトン(メルセデス) にとって、この結果はラッキーだったのかもしれない。

次戦はフェルスタッペンの母国で行われるオランダGP(9月3日〜5日)。初の開催となるザントフォールト・サーキットでの戦いとなる。

●2021年F1第12戦ベルギーGP決勝 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2位 63 G.ラッセル(ウイリアムズ・メルセデス)
3位 44 L.ハミルトン(メルセデス)
4位 3 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)
5位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)
6位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
7位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)
8位 16 C.ルクレール(フェラーリ)
9位 6 N.ラティフィ(ウイリアムズ・メルセデス)
10位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)
・・・・・・・・・・・・・
15位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
19位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)

●2021年F1ドライバーズランキング(第12戦終了時)

1位 L.ハミルトン(メルセデス) 202.5
2位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 199.5
3位 L.ノリス(マクラーレン・メル セデス)113
4位 V.ボッタス(メルセデス)108
5位 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)104
6位 C.サインツ(フェラーリ)83.5
・・・・・・・・・・
9位 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)54
13位 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)18

●2021年コンストラクターズランキング(第12戦終了時)

1位 メルセデス 310
2位 レッドブル・ホンダ 303
3位 マクラーレン・メルセデス 169
4位 フェラーリ 165
5位 アルピーヌ・ルノー 80
6位 アルファタウリ・ホンダ 72