2021年10月10日、F1第16戦トルコGP決勝がイスタンブールパークで行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが優勝。2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、3位には同じくレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが入った。メルセデスのルイス・ハミルトンは5位。アルファタウリ・ホンダ勢は4番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーが6位に入ったが、9番グリッドからスタートの角田裕毅はスピンを喫してポイント圏外の14位に終わっている。

完敗も、フェルスタッペンがドライバーズ選手権首位を奪回

前日の予選でトップタイムを出したメルセデスのルイス・ハミルトンがパワーユニット年間使用制限超えで10グリッド降格。2番グリッドからのスタートとなったフェルスタッペンは、日曜日が得意のウエットコンディションとなったために逆転優勝も狙える状況となった。

しかし、レースはスタートからポールポジションのボッタスのペースがよく、フェルスタッペンはなかなか仕掛けられない。インターミディエイトタイヤの摩耗に関しても上手くマネージメントできていたのはボッタスの方で、第1スティント、第2スティントともにフェルスタッペンを寄せ付けず、最後には最速ラップをマークして今シーズン初優勝でチェッカーに飛び込んだ。

まったくなす術なかったフェルスタッペンは「タイヤが厳しく、今日はメルセデスのペースについていけなかった。これができる限りの最上位だと思う」とレース後に完敗を認めたが、2位に入ったことで再びポイントリーダーの座を奪回し、アメリカ大陸から中東へと向かうシーズン終盤戦に向かうことになった。

ハミルトン陣営は戦略ミス? 猛追も5位に下がる

グリッドペナルティにより11番グリッドからのスタートとなったハミルトンは、圧倒的な速さで次々と先行車をかわし、さらに第1スティントを引き伸ばして、ついにはタイヤ交換を終えたフェルスタッペンの後方まで迫った。

ハミルトンはこのままレースを戦うことを望んだが、レース終盤で完全にタイヤが終わってしまうことを危惧したメルセデスのピットは、51周目にタイヤ交換を指示する。これで一度は先行したペレスとシャルル・ルクレール(フェラーリ)にかわされて5位でレースを終えることになり、ポイントリーダーの座から陥落。成否の判断が難しいタイヤ交換に、レース後は納得のいかない様子だった。

2021年F1シーズンも残り6戦。次戦第17戦アメリカGPは10月24日、テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカで開催される。

●2021年F1第16戦トルコGP決勝 結果

1位 77 V.ボッタス(メルセデス)58周
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)+14.584s
3位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)+33.471s
4位 16 C.ルクレール(フェラーリ) +37.814s
5位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+41.812s
6位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)+44.292s
7位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+47.213s
8位 55 C.サインツ(フェラーリ)+51.526s
9位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)+82.018s
10位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)+1周
・・・・・・・・・・・・・
14位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)+1周

●2021年F1ドライバーズランキング(第16戦終了時)

1位 L.ハミルトン(メルセデス)262.5
2位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 256.5
3位 V.ボッタス(メルセデス) 177
4位 L.ノリス(マクラーレン・メル セデス) 145
5位 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)135
6位 C.サインツ(フェラーリ) 116.5
7位 C.ルクレール(フェラーリ) 116
8位 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)95
9位 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)74
・・・・・・・・・
14位 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)18

●2021年コンストラクターズランキング(第16戦終了時)

1位 メルセデス 433.5
2位 レッドブル・ホンダ 397.5
3位 マクラーレン・メルセデス 240
4位 フェラーリ 232.5
5位 アルピーヌ・ルノー 104
6位 アルファタウリ・ホンダ 92