2022年1月17日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのラグジュアリーSUV「レンジローバー」のニューモデルを発表。同日より受注が開始された。

斬新な工夫が施されたエクステリア

ランドローバー「レンジローバー」の第5世代となるニューモデルが日本にその姿を現した。50年以上にわたり、快適性とあらゆる地形に対応する走破能力でラグジュアリーSUVセグメントをリードしてきたモデルだが、新型もまたそのDNAを色濃く受け継いでいる。

それはまず、世代を超えて受け継がれてきた特徴的な3つのライン(ルーフ、ウエスト、シル)からなるシンプルで上品なボディラインを持つ。また、ショートオーバーハングやクラムシェルボンネット、格式高いフロントエンド、直立したフロントガラス、実用的なスプリットテールゲート、テーパー形状でボートテールのようなリアなど、伝統的デザインは数多くある。

そして、新デザインのフロントグリルやエアインテーク、極力その存在を隠して目立たないようにした新開発のウエストレールフィニッシャーが作り出す切れ目のないウエストライン、フラッシュグレージングやシームレスなレーザー溶接などの最新技術を駆使した凹凸のないサーフェイスや、点灯するまでその存在に気づかない画期的なテールランプなどが新鮮さを醸し出す。デザイン性だけでなく、空気抵抗係数(Cd値)0.30の実現にも貢献しているところも心憎い。

レンジローバー初の3列7人乗り仕様が登場

インテリアは従来の上質なレザーに加え、手触りがよく革新的なテキスタイルのウルトラファブリックや高級テキスタイルメーカー「Kvadrat社」との共同開発によるウール混紡テキスタイルによる素材など、様々な素材、仕上げから選択が可能となる。

広々とゆとりのある室内は、ハプティック(触覚)フィードバック機能付きの新開発13.1インチのフローティング式フルHDタッチスクリーンを装備した最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」をはじめ、2つの11.4インチHDタッチスクリーンと8インチリアシートタッチスクリーンコントローラーからなるリアエンターテインメントシステム、スピーカーと照明を備えたテールゲートイベントスイートなど、利便性の高い機能が乗員を向かい入れてくれる。

加えて、静粛性を確保する第3世代となる新しいアクティブノイズキャンセレーションは各ヘッドレストに搭載されていたり、臭いやアレルゲン、ウイルスなどを低減させてクリーンな室内空間を提供する「空気清浄システムプロ」(ナノイーX搭載、PM2.5フィルター付)といった新機能も初採用されている。

ボディタイプはスタンダードホイールベース(SWB/2997mm)とロングホイールベース(LWB/3197mm)を用意し、シートレイアウトは4人乗り(SV LWBのみ)と5人乗り、そしてレンジローバー初となる3列7人乗り(LWBのみ)が用意される。

3列目もフルサイズシートになっており、セミアニリンレザーシート、4ゾーンクライメートコントロール、パワーシート、シートヒーター、タスクライティング、USBソケット、インテリジェントシートフォールドが標準装備される。

新たに加わった3L直6ターボエンジン搭載のPHEVモデル

高い走行性能は、最新アーキテクチャーである完全新設計の「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」が担う。内燃エンジン(ICE)、プラグインハイブリッド(PHEV)、フルバッテリー電気自動車(BEV)など、あらゆるパワートレインに対応できるよう設計されていることは言うまでもない。

新たに、3L直列6気筒ターボエンジンと105kWの電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)モデルもラインアップに加わった。

最高出力510psと440psの2種類が用意され、EVでの最大航続距離は100km(WLTP値、実航続距離は最大80km)。これは、一般的なレンジローバーユーザーの1回の走行距離の75%まかなえる距離という。また、CO2排出量は30g/km未満にまで抑えられている。充電は、普通充電(最大7kW)に加え、CHAdeMO急速充電にも対応する。

足回りには、先進のエアスプリングを使用し軽量でコンパクトな5リンクリアアクスルをはじめ、ツインバルブモノチューブダンパー、オールホイールステアリング、ダイナミックレスポンスプロなどが初めて採用されている。ランドローバーの先駆的なインテグレーテッドシャシーコントロール(ICC)の制御で、オフロード走破能力と穏やかな乗り心地の両立が図られる。

ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)の技術者が開発設計を手がけ、ラグジュアリーとパーソナライゼーションを極めた「レンジローバーSV」の新導入も行われた。

「SV」専用のデザインディテールやオプションを用意しており、ツートンカラーになったシートや、セラミック素材が初めて採用されている。2つのデザインテーマ「SVセレニティ(SERENITY)」と「SVイントレピッド(INTREPID)」があり、4人乗りの「SVシグネチャースイート」の設定も用意される。

新型レンジローバー ラインナップ

■3L直列6気筒ディーゼルターボ<300ps/650Nm>
・SE D(SWB):1635万円
・HSE D300(LWB):1753万円
・オートバイオグラフィーD300:1972万円
■PHEV<440ps/620Nm>
・SE P440e(SWB):1710万円
・SE P440e(LWB):1764万円
・HSE P440e(SWB):1824万円
・HSE P440e(LWB):1879万円
・オートバイオグラフィーP440e(SWB):2040万円
・オートバイオグラフィーP440e(LWB):2061万円
・ファーストエディションP440e(SWB):2127万円
・ファーストエディションP440e(LWB):2103万円
■PHEV<510ps/700Nm>
・SE P510e(SWB):1835万円
・HSE P510e(SWB):1949万円
・オートバイオグラフィーP510e(SWB):2155万円
・ファーストエディションP510e(SWB):2188万円
・SV P510e(SWB):2477万円
■4.4LV型8気筒ターボ<530ps/750Nm>
・SE P530(SWB):1830万円
・SE P530(LWB):1871万円
・SE P530(LWB/7シート):1893万円
・HSE P530(SWB):1945万円
・HSE P530(LWB):1986万円
・HSE P530(LWB/7シート):2006万円
・オートバイオグラフィーP530(SWB):2163万円
・オートバイオグラフィーP530(lWB):2195万円
・オートバイオグラフィーP530(lWB/7シート):2159万円
・ファーストエディション(SWB):2240万円
・ファーストエディション(LWB):227万円
・SV P530(SWB):2493万円
・SV P530(LWB):2775万円

ランドローバー レンジローバー SE P440E(PHEV/SWB) 主要諸元

●全長×全幅×全高:5052×2047×1870mm
●ホイールベース:2997mm
●車両重量:2770kg
●エンジン:直6 DOHCターボ+モーター
●総排気量:2996cc
●最高出力:265kW(360ps)/5500-6500rpm
●最大トルク:500Nm/1500−5000rpm
●システム最高出力:324kW(440ps)
●システム最大トルク:620Nm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格(税込):1710万円
※主要諸元はすべて欧州仕様値