2009年、マセラティの4ドアスーパーサルーン「クアトロポルテ」に、シリーズ最強モデルとなる「スポーツGT S」が登場した。野性味あふれる独特の個性でプレミアムサルーン市場に旋風を巻き起こしたクアトロポルテは、このモデルでその妖しい魅力をさらに増していた。ここでは上陸間もなく行われた国内試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2009年11月号より)

佇まいはあくまでさりげなく。過度に性能を主張することはない

2009年1月、デトロイトで開催された北米国際モーターショーでワールドプレミアされたリアルスポーツセダンが、クアトロポルテ スポーツGT Sだ。日本でも5月に発表、この8月よりデリバリーが開始されている。

スポーツGT Sは、今年初めに日本上陸した新世代クアトロポルテSをベースに、さらにスポーツ性を高めた「シリーズ最強モデル」という位置づけとなる。搭載されるエンジンは4691cc V8DOHCで、排気システム系の見直しがなされたことで、最高出力はクアトロポルテS比で10psパワーアップした440psを発生。MCオートシフトと呼ばれる新開発ソフトウエアを採用した6速ATとの組み合わせにより、クアトロポルテSに対し0→100km/h加速は0.3秒速い5.1秒、最高速度もプラス5km/hを獲得して285km/hというパフォーマンスを得ている。

専用20インチ大径アルミホイールを履き、さらにローダウンされたスポーツGT Sは、確かにノーマルのクアトロポルテやSとは異なった印象を受けるが、殊更にそのスポーツ性をアピールするようなことはない。

縦スリットの入るブラックグリルは、グラントゥーリズモと同様に内側へとカーブするオリジナルのデザインを採用するが、それもまたさりげなく、ごく自然な外観にまとめられている。

インテリアも同様だ。たっぷりとした本革とアルカンタラのコンビネーションからなる専用シート、手触りの良いアルカンタラ巻きのステアリングホイールとシフトノブ。ステアリングコラムから生えたパドルシフトが大型化されたことやセンターコンソールなどにカーボン調のデザインが施されていることを除けば、ストイックなスポーツイメージはなくむしろ瀟洒なラグジュアリー感を漂わせる。

V8エンジンが放つ咆哮はスーパーカーの迫力

イグニッションキーを回してエンジンを始動させても、その印象は大きくは変わらない。さすがにそのトルクゆえ、発進時に乱暴なアクセルワークをするとすぐホイールスピンを起こしてしまうが、普通に、意識せずに運転するのであればエンジンが奏でる音もあくまで紳士的だ。

クアトロポルテSは電子制御でダンパーの減衰力を変化させるスカイフックサスペンションを採用するが、このスポーツGT Sは通常モデルよりも前10%、後30%固められたシングルレートのダンパーを用いる。

さらに前245/35、後295/30の扁平20インチタイヤを履くため、首都高の路面段差を通過するような場合には、さすがにスカイフックサスのようなフラット感はなく、足の硬さを伝えてくるが、ロングホイールベースのおかげで収束はすっきりとしており、不快な余韻を残すことはない。ラグジュアリーモデルとして後席に座るような使い方をしてもまず不満の出ないレベルだろう。

燃費は欧州総合値で6.4km/Lとそれなりだが、6速100km/hの回転数は1800rpmとハイギアードなため、実はかなりの数値が期待できる。今回の取材では高速走行だけならリッターあたり9.0kmを記録した。

と、ここまでスポーツGT Sの「羊」の部分を述べてきたが、その穏やかな性格はボタン操作ひとつで一変する。

SPORTボタンを押せば「スーパーカー」に早変わり

センターコンソール上、ナビモニター左にあるSPORTボタンを押す。すると通常モードの際には閉じられていた排気システム内のフラップが開かれ、V8エンジン特有のヌケの良い乾いたエキゾーストノートを高らかに響かせる。これはスーパーカーが放つ咆哮だ。

同時にアクセルペダルの操作に対するレスポンスも向上し、クルマの動きが軽やかになる感覚が生まれてくる。そしてそれに呼応するように鼓動も高まる。

トランスミッションはトルコン式6速ATだが、シフトチェンジは素早くダイレクトに伝達する。Dレンジのままでもパドルシフトでの操作は可能だが、シフトノブを左に倒すとマニュアルモードになり、8000rpmのリミットまで淀みなく回転が上がっていく。シフトアップのタイミングは左右メーター間のインジケータが教えてくれる。

コーナー手前でブレーキング、そして左手パドルでシフトダウン。自動でブリッピングまで行い、ボディは適度にロールしながら身軽にクリアしていく。標準採用のピレリPゼロの粘りのあるグリップ感もスポーツGT Sの特性とよく合っている。全長が5mを超すクルマには思えないくらい、ドライバーの意志がクルマの隅々にまで届いていく感じを覚える。

ラグジュアリーとハイパースポーツ。相反する性格を高次元で同居させたクアトロポルテ スポーツGT S。性格の異なる2台を所有し、ボタンで切り替えられるという印象だ。そう考えると、案外お得なモデルと言い換えることができるのかもしれない。(文:Motor Magazine編集部/写真:永元秀和)

●マセラティ クアトロポルテ スポーツGT S 主要諸元

●全長×全幅×全高:5110×1895×1420mm
●ホイールベース:3065mm
●車両重量:2050kg
●エンジン:V8DOHC
●排気量:4691cc
●最高出力:323kW(440ps)/7000rpm
●最大トルク:490Nm/4750rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:FR
●タイヤサイズ:前245/35ZR20、後295/30ZR20
●0→100km/h加速:5.1秒
●最高速:285km/h●車両価格:1695万円