スバル インプレッサスポーツ(SUBARU IMPREZA SPORT)
現行モデル発表日:2016年10月13日
車両価格帯:200万2000円〜295万9000円

新世代スバルを先駆けた上級ハッチバック

スバル グローバル プラットフォーム(SGP)を初めて採用したモデル。操縦安定性が向上し衝突安全性能も向上した。また、2020年10月の一部改良では、初めてマイルドハイブリッドの「e-BOXER」も選択できるようになった。

さらに、STI(スバル テクニカ インターナショナル)がチューニングを施したショーワ製のSFRDフロントダンパーなどを装備した「STIスポーツ」もラインナップする。

[▶▶▶詳しい解説はこちら スバル「XV」と「インプレッサ」を一部改良。それぞれのメモリアル特別仕様車も登場 - Webモーターマガジン]

●スバル インプレッサスポーツ 主要諸元

●全長:4475mm
●全幅:1775mm
●全高:1480〜1515mm
●ホイールベース:2670mm
●重量:1300〜1530kg
●エンジン:1.6L対4/2L対4/2L対4+モーター
●駆動方式:FF/4WD
●トランスミッション:CVT
●WLTCモード燃費:12.4〜15.2km/L
●乗車定員:5名

[スバルがインプレッサとXVの改良モデルを発表。XVはe-BOXERグレードを拡充 - Webモーターマガジン]