2022年1月14日、ルノー・ジャポンは東京オートサロン2022で今春日本導入を予定している新しいハイブリッドSUV「アルカナ」を公開した。このモデルにはルノー独自のハイブリッドシステム「Eテック(E-TECH HYBRID)」が搭載されており、アルカナを皮切りに、順次「Eテック」搭載車を導入していくことも発表された。

注目は独自のハイブリッドシステム「Eテック(E-TECH HYBRID)」

2022年春に日本に導入される予定の「ルノー アルカナ」は、全長およそ4.6mの扱いやすいサイズのSUV。ルノーのコンパクトSUVにはすでにキャプチャーがあるが、キャプチャーがハッチバックとSUVの中間的なキャラクターを持つのに対して、アルカナは本格的なSUVであり、流麗なスタイリングの「クーぺSUV」となるのが特徴だ。

そして、アルカナの最大の注目点がパワートレーン。独自のハイブリッドシステム「Eテック(E-TECH HYBRID)」は、いま、欧州で主流となっているプラグインハイブリッド(PHEV)や48Vマイルドハイブリッド(MHEV)ではなく、2モーターのフルハイブリッドだ。

エンジンはコンパクトな1.6Lの自然吸気ユニットで、これに駆動用のEモーターとスタータージェネレーターの役目も担うHSG(ハイボルテージスタータージェネレーター)の2つのモーターを組み合わせる。ポイントはエンジン用に4速、モーター用に2速の変速機を組み合わせていること。2つの変速機を使って、低速域をモーター、40〜50km/h以上の速度域でエンジン、パワーを必要とするときに両方を使って効率よくパワーを引き出すシステムを作り上げている。

動力の断続は摩擦クラッチでなく、金属の歯車同士が直接噛み合うドグクラッチを採用したのも画期的。これにより高い伝達効率、ダイレクト感を生み出している。ここで課題となるのはスムーズな変速だ。これは2つめのモーターHSGで速度を同調させることでクリアしている。

このハイブリッドシステムでは、エネルギーマネージメント、ドグクラッチの精度などが重要なファクターとなるが、ここにF1のテクノロジーが盛り込まれているという。燃費向上だけが目的ではない画期的なハイブリッドシステムは、どんな走りをもたらしてくれるのか、楽しみだ。

●ルノー アルカナ 主要諸元(欧州参考値)

●全長×全幅×全高:4568×1820×1576mm
●ホイールベース:2720mm
●車両重量:1435kg
●エンジン:直4 DOHCターボ+2モーター
●総排気量:1598cc
●最高出力:69kW(94ps)/5600rpm
●最大トルク:148Nm(14.9kgm)/3600rpm
●モーター最高出力:20ps
●トランスミッション:AT(エンジン4速/モーター2速)
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・50L
●WLTCモード燃費:20.8km/L
●タイヤサイズ:215/55R18
●最高速:172km/h
●0→100km/h加速:10.8秒