2022年8月5日、トヨタはコンパクトSUV「C-HR」に内外装をブラックのいでたちでまとめた特別仕様車“Mode-Nero Safety PlusIII”をラインナップ。8月29日より発売が開始される。斬新ボディカラー「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」が、かつてないインパクトで迫る!

ハイブリッド車の「G」とガソリン車の「G-T」に設定

カジュアルなスタイリングが人気のトヨタのコンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車“Mode-Nero Safety PlusIII”が登場した。ベースとなるのが、1.8L+ターボのハイブリッドモデル「G」(FF)グレードと、1.2Lターボのガソリンモデル「G-T」(FF/4WD)グレードだ。

その大きな特徴は、内外装がブラック基調とされ引き締まった印象とされているところ。最大の特徴は、「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」の採用だろう。

もともと先代ヴォクシーの特別仕様車に設定されていたカラーが復刻されたもので、イメージ的にはブラックをベースにゴールドのラメを施したような色合い、だという。周囲の明るさによって、黒に見えたり金色に見えたりする、不思議なカラーリングだ。

ほかにも、マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイール、ブラックエクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプを採用。インテリアでは、ブラウンの差し色やベージュのステッチを施した専用シート表皮となっている。

安全装備への配慮も怠りはなく、パノラミックビューモニターや、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物/後方接近車両)などが装備される。

トヨタC-HR特別仕様車“Mode-Nero Safety PlusIII”ランナップ

・特別仕様車 G“Mode-Nero Safety PlusIII”(1.8L+モーター/FF):305万5000円
・特別仕様車 G-T“Mode-Nero Safety PlusIII”(1.2Lターボ/FF):272万5000円
・特別仕様車 G-T“Mode-Nero Safety PlusIII”(1.2Lターボ/4WD):292万3000円

●トヨタC-HR G-T 2WD(1.2Lターボ ベース車)主要諸元

●全長×全幅×全高:4385×1795×1550mm
●ホイールベース:2640mm
●車両重量:1400kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1196cc
●最高出力:85kW(116ps)/5200−5600rpm
●最大トルク:185Nm/1500−4000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:レギュラー・50L
●WLTCモード燃費:14.9km/L
●タイヤサイズ:225/50R18

●トヨタC-HR G(1.8L+モーター ベース車)主要諸元

●全長×全幅×全高:4385×1795×1550mm
●ホイールベース:2640mm
●車両重量:1440kg
●エンジン:直4DOHC+モーター
●総排気量:1797cc
●最高出力:72kW(98ps)/5200rpm
●最大トルク:142Nm/3600rpm
●モーター最高出力:53kW(72ps)
●モーター最大トルク:163Nm
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:レギュラー・43L
●WLTCモード燃費:25.8km/L
●タイヤサイズ:255/50R18