2024年4月5日に鈴鹿サーキットで開幕するF1第4戦日本GPのフリー走行に、スーパーフォーミュラに参戦する岩佐歩夢(いわさ・あゆむ)がVISA キャッシュアップ RB(RB)より出走することが明らかになった。グランプリ開催直前の3月26日にチームより正式に発表された。

フリー走行参加の経験はチームにとって有益と判断

今回のフリー走行出走は、岩佐がシミュレータードライバーとしてチームに多くの情報をもたらしてくれることを期待してのもの。

F1へのステップアップを視野に入れている岩佐歩夢のとって大きなチャンスであると同時に、チームにとってはチームのシミュレータードライバーを務める岩佐がリアルの現場を経験することは大きな意味がある。

岩佐がレッドブルのドライバー育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」、ホンダのドライバー育成プログラム「ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト=HFD」であることから、アブダビのテストに続いて、母国グランプリである日本GPのフリー走行1回目でステアリングを握ることになった。

日本GPのフリー走行ではダニエル・リカルドのマシンを走らせることになり、角田裕毅とともに、日本人ドライバー2名で出走することになるので、チームにとっても、ファンにとっても非常にエキサイティングなセッションとなる。

すでにF1参戦に必要なスーパーライセンスを取得

岩佐歩夢は大阪府出身の現在22歳。2019年に鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ(現:ホンダレーシングスクール鈴鹿フォーミュラクラス/HRS-F)を首席で卒業してスカラシップを獲得。2020年はフランスF4に参戦しシリーズチャンピオンに輝き、2021年にはレッドブルの若手ドライバー育成プログラムである「レッドブル・ジュニア・チーム」にも加入してFIA F3に参戦。

2022年にFIA F2へステップアップを果たすと、参戦初年度はシリーズ5位、2年目の2023年シーズンは最終戦までタイトル争いを繰り広げシリーズ4位に入り、F1参戦に必要なスーパーライセンスをすでに獲得している。

今シーズンは、「レッドブル・ジュニアチーム」および「ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」のメンバーとして、F1へのステップアップを視野に、日本のスーパーフォーミュラ選手権に参戦する。

いま、もっともF1シート獲得に近いと言われるドライバーのひとりで、2025年には角田裕毅がレッドブルチームに昇格し、岩佐歩夢がRB加入という噂もあがっている。

今回の発表にあたり、岩佐は「F1の公式セッションに参加できることを大変うれしく思います。F1という世界最高峰レースで勝利を手にし、ワールドチャンピオンで居続けるという自身の『夢』の実現に向かって、母国である日本でその一歩を踏み出せることにワクワクしています。まずは、この挑戦を応援してくださっている皆様に心から感謝を申し上げたいです。公式セッションでは、自身に課されたミッションを着実にこなしつつ、より多くのことを学んでまいります。鈴鹿で皆様にお会いできることを楽しみにしています」とコメントしている。岩佐がどんな走りを見せるのか、注目だ。

●岩佐歩夢 プロフィール

生年月日:2001年9月22日生まれ
出身地:大阪府

●岩佐歩夢レーシングキャリア

2019年 鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を首席で卒業
2020年 フランス・F4選手権 シリーズチャンピオン(FFSA Academy)
2021年 FIA F3選手権 シリーズ12位(Hitech Grand Prix)、F3・アジア選手権 シリーズ8位 ルーキー・チャンピオン(Hitech Grand Prix)
2022年 FIA F2選手権 シリーズ5位 優勝2回 表彰台6回(DAMS)
2023年 FIA F2選手権 シリーズ4位 優勝3回 表彰台6回(DAMS)
2024年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 9位(TEAM MUGEN)※開幕戦終了時点

●2024年F1第4戦日本GP タイムスケジュール

フリー走行1回目:4月5日11時30分〜12時30分
フリー走行2回目:4月5日15時〜16時
フリー走行3回目:4月6日11時30分〜12時30分
予選:4月6日15時〜16時
決勝(53周):4月7日14時〜