2023年11月16日(木)から19日(日)、WRC(世界ラリー選手権)第13戦最終戦ラリー・ジャパンが愛知県豊田市のトヨタスタジアムをベースに、愛知県/岐阜県周辺のターマック(舗装路)ステージを舞台に行われる。第11戦ラリー・チリでトヨタが3年連続となるマニュファクチャラーズタイトル、第12戦セントラル・ヨーロッパ・ラリーではカッレ・ロバンペラとヨンネ・ハルットゥネンが2年連続となるドライバーズおよびコドライバーズ・タイトルを獲得。トヨタは3年連続で三冠を達成し、今年もチャンピオンチームとしてシーズン最終戦であるラリージャパンに臨む。

王者トヨタに残されたもうひとつの大きな目標

最終戦ラリー・ジャパンを前に、トヨタはすでに3つのすべてのタイトルを確定しているが、トヨタにとってはもうひとつ、地元イベントで優勝するという大きな目標が残されている。

ラリー・ジャパンは2004年から2010年にかけて北海道でグラベル(未舗装路)ラリーとして6回行われた後、開催が途絶えていたが、トヨタのWRCでの活躍もあって復活の気運が高まり、2020年に開催地をトヨタの地元である愛知県および岐阜県に移して行われることが決定した。

ところが、新型コロナウィルスの影響で2年連続で開催を断念。昨年ようやく12年ぶりのWRC開催にこぎつけた。

ラリーの中心となるサービスパークは愛知県豊田市の「トヨタスタジアム」に置かれ、スペシャルステージは愛知県の豊田市、岡崎市、新城市、そして岐阜県の中津川市、恵那市に設定。ステージの路面は、岡崎市の河川敷の一部区間を除けばすべてターマックで、山岳地帯の一般道が大部分を占めていた。

今年も全体的なフォーマットに大きな変更はない。新しいラリー・ジャパンのステージは、スーパーSSのステージを除くと、山岳地帯が大部分を占め、道幅が狭く、ツイスティなコーナーが連続する非常にテクニカルな設定。ドライバーはスピードとリズムの変化に上手く対応する必要があり、落ち葉や落ち枝で滑りやすい路面や低い気温にも注意が必要だ。また、昨年のように雨が降ると路面は非常に滑りやすくなり、かなりトリッキーなコンディションとなることも考えられる。

昨年のラリー・ジャパンはヒョンデが1-2フィニッシュ

昨年は勝田貴元が3位表彰台に上がったものの、トヨタ勢は不運に苦しめられた。金曜日朝のSS2でセバスチャン・オジェがパンクのため優勝争いから脱落すると、土曜日朝にはカッレ・ロバンペラもパンクに見舞われてこちらも優勝争いから脱落。終盤まで首位を快走していたエルフィン・エバンスも、土曜日午後にソフトタイヤ1本を選択する賭けに出たヒョンデのティエリー・ヌーヴィルに逆転を許し、さらには首位奪回を狙った日曜日朝にパンクして万事休す。結局、ヌーヴィルとオィット・タナックのヒョンデ勢に1-2フィニッシュを許すことになった。

●【参考】2022年 WRC第13戦ラリー・ジャパン 結果

1位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20 N ラリー1)2h43m52.3
2位:O.タナック(ヒョンデ i20 N ラリー1)+1m11.1s
3位:勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1)+2m11.3s
4位:S.オジェ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+2m23.6s
5位:E.エバンス(トヨタ GRヤリス ラリー1)+4m05.1s
6位:G.グリーンスミス(フォード プーマ ラリー1)+4m07.4s
7位:G.ミュンスター(ヒョンデ i20 N ラリー2)+7m50.8s
8位:T.スンニネン(ヒョンデ i20 N ラリー2)+8m12.4s
9位:E.リンドホルム(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+8m25.6s
10位: H.コバライネン(シュコダ・ファビア ラリー2エボ)+8m59.8s
・・・・・・
12位 K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+10m40.8ss

今年もトヨタはロバンペラ、エバンス、オジェ、勝田貴元の4台のGRヤリスで出場。チャンピオンシップのことを気にする必要がないため、4人のドライバーは自由にラリーを戦い、チームにとってのホームイベントで今シーズン9回目の優勝を目指す。

前戦とは大きく異なるターマック路面

今年のラリー・ジャパンは11月16日(木)の午前9時過ぎから豊田市の「鞍ケ池公園」でシェイクダウンが行われ、その後夕方からデイ1として競技がスタート、「トヨタスタジアムSSS1」が行われる。

山岳地帯を舞台とする本格的なステージは17日(金)のデイ2から始まり、愛知県の豊田市および設楽町で「イセガミズ・トンネル」、「イナブ・ダム」、「シタラ・タウン」の3本のステージを、ミッドデイサービスを挟んで各2回走行一日の最後には「トヨタスタジアムSSS2」が行われ、7本のSSの合計距離は133.26km。全SSの走行距離の4割以上の長距離を一日で走ることになる。

18(土)のデイ3は、愛知県の豊田市、岡崎市、新城市で「ヌカタ・フォレスト」「レイク・ミカワコ」「オカザキ・シティSSS」「シンシロ・シティ」「トヨタ・スタジアムSSS3」という5ステージで、8本合計84.68kmを走行する。(SS15シンシロ・シティと、SS16トヨタスタジアムSSS3は1本だけ)

最終日となる19(日)のデイ3は愛知県と岐阜県が舞台となり、SS17/22「アサヒ・コウゲン」、SS18/20「エナ・シティ」、SS19/21「ネノウエ・コウゲン」という6本、合計84.08kmのステージを走行。また、SS17の再走で最終ステージとなるSS22は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーに、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されている。

ステージは昨年よりも3本多い全22本で、その合計距離は304.12km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は958.95kmとなる。