2021年9月30日、レクサスはプレミアム クーペ&コンバーチブル「LC」の一部改良を発表。発売は11月以降を予定している。(タイトル写真は、いずれも北米仕様)

クーペの乗り味のさらなる深化を目指す

LCは、レクサスのプレミアム クーペ&コンバーチブルだ。現行型が初代で、日本では2017年にクーペが発売され、2020年にはコンバーチブルが追加設定された。

その独創的なデザインや優れた走行性能によって、レクサス全モデルラインアップの乗り味を方向づけている一台だ。ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を目指す、レクサスならではの乗り味「レクサス ドライビング シグネチャー」の深化を続けている。

今回の一部改良でクーペ(LC500h/LC500)はその乗り味のさらなる深化を目指し、基本性能の向上を図っている。具体的には、コイルスプリングやスタビライザーの強さやショックアブソーバーの制御を最適化し、タイヤの接地感を高め、ハンドル操作に対する車両応答のリニアリティと高い旋回G領域でのコントロール性を高めている。

レクサス ダイナミック ハンドリングシステム(LDH)装着車では、バリアブル ギアレシオ ステアリング(VGRS)やダイナミック リア ステアリング(DRS)の制御を最適化。これにより、低速域から高速域まで、好レスポンスな操る楽しさと、軽快感と安定感のある走りを実現しているという。

エクステリアでは、全モデルに「ソニックイリジウム」を新規設定。また今まではコンバーチブル専用だった「テレーンカーキマイカメタリック」をクーペにも設定。さらに、クーペのLC500h/LC500 L パッケージには「ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装」を施した21インチ鍛造アルミホイールを標準装備した。

インテリアカラーでは、コンバーチブルに、「ブルー&ホワイト」と、その専用ルーフカラーとして「マリーンブルー」を新たに設定した。

その他の主な改良点は、以下のとおり。それ以外の内外装やパワートレーンのスペックなどに関しては、変更はない。

●全モデル共通
・全モデルに設定されている、車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」を「ナノイーX」へと進化。
・オレンジブレーキキャリパー(前後、LEXUS ロゴ入り)をメーカーオプションとして新規設定。
●クーペ
・クーペのガラスルーフ装着車では、ガラスルーフをプライバシーガラスへ変更し、エクステリアカラーとのコントラストを強調。

車両価格(税込)は、以下のとおり。パワートレーンは、LC500は5L V8+10速AT、LC500hは3.5L V6+モーター(ハイブリッド)+電気式無段変速機。駆動方式は、いずれも2WD(FR)のみとなっている。

●■レクサス LC ラインアップ

LC500:1327万円
LC500 Lパッケージ:1367万円
LC500 Sパッケージ:1450万円
LC500h:1377万円
LC500h Lパッケージ:1417万円
LC500h Sパッケージ:1500万円
LC500 コンバーチブル:1477万円