2022年5月4日、スーパーGT第2戦『FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE』決勝が富士スピードウェイで行われ、GT300クラスは10号車TANAX GAINER GT-Rが今季初優勝を果たした。2位には34号車BUSOU raffinee GT-R、3位に61号車SUBARU BRZ R&D SPORTが入った。

61号車が2戦連続のポールポジション獲得

5月3日、予選は雲が立ち込め気温・路温ともに低いコンディションで行われた。そんな中ポールポジションを獲得したのは、開幕戦でもポールを獲得した61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。2位に10号車TANAX GAINER GT-R、3位に96号車K-tunes RC F GT3と、開幕戦に続きダンロップ勢がトップ3を独占した。

450kmに短縮された第2戦の富士ラウンド。決勝の気温・路温ともに予選と比べて上昇し、タイヤメーカーによって戦略が分かれると予想された。2周のフォーメーションラップを経てレースがスタート。ポールポジションスタートの61号車SUBARU BRZ R&D SPORTがホールショットを奪う中、10号車TANAX GAINER GT-Rも食らいつき、コカ・コーラコーナーの立ち上がりで10号車がトップに浮上した。

2周目に5号車マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号がピットイン、給油のみでコース復帰する作戦をとった。4周目には244号車HACHI-ICHI GR Supra GTと7号車Studie BMW M4が、翌5周目には4号車グッドスマイル 初音ミク AMGや52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTなどが続々とピットインし、レース序盤からピットは慌ただしくなった。

上位勢含めレース序盤は大きな動きもなく、各車周回をこなしていく。そんななか、35周目のアドバンコーナーで、55号車ARTA NSX GT3が9号車PACIFIC hololive NAC Ferrariと接触。55号車は左フロントのダメージを受けて戦線離脱。9号車はピットで修復し、復帰を果たしている。

クラッシュが続く荒れた展開に

38周に61号車BRZがピットへ。ドライバー交代を含めたフルサービスを実施してコースに戻るも、34号車BUSOU raffinee GT-Rの後ろ・・・実質4番手に落ちてしまう。しかしその直後、レースは波乱の展開に。22号車アールキューズ AMG GT3がアドバンコーナー進入時に単独で大クラッシュ。このアクシデントでフルコースイエロー(FCY)が導入される。

その直後、ホームストレートで56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rが、GT500車両に追突しそうになり、スピンを喫して順位を落とす結果に。FCY中のスピンにより、56号車にはドライビングスルーペナルティを課せられた。FCYはSCに切り替えられ、赤旗一時中断となった。クラッシュしたマシンの撤去とタイヤバリアの修復にレースを止める必要があると判断がなされたのだ。

SC先導でレースは46周目にリスタート。10号車がトップでレースをリードする中、50周目にGT500クラスのマシンと300クラスのマシンがホームストレート上で絡むアクシデントが発生。あまりにも大きなクラッシュだったため、すぐに赤旗が出されて2度目のレース中断に。幸い、クラッシュしたドライバーに大きな怪我がないことがアナウンスされたが、ハイスピードクラッシュによるガードレールの損傷を修復するにはかなりの時間が必要となった。

中断時間が長引いて最大延長時間(18時20分)が迫る中、18時10分にSC先導でリスタートを迎えたることになったが、結局SC先導のまま定時にレースは終了。レース直後からトップを堅持した10号車TANAX GAINER GT-Rが優勝、2位に34号車BUSOU raffinee GT-R、3位に61号車SUBARU BRZ R&D SPORTが続いた。今大会は周回数がレース全体の75%に達しなかったため、チャンピオンシップポイントは通常の半分が与えられる。

次戦は5月28〜29日に行われる鈴鹿300km。本格的にウエイトを積んでのレースとなるが、鈴鹿のコースレイアウトはウエイトの影響が出やすいため、これまで以上に戦略、セッティングが大事になってくる。チャンピオン争いに重要な前半戦最後のレースから目が離せない。(PHOTO:井上雅行)

2022 スーパーGT Round2 FAV HOTEL FUJI GT 450km 決勝 結果

1位 10号車 TANAX GAINER GT-R(富田竜一郎/大草りき/塩津佑介)58周
2位 34号車 BUSOU raffinee GT-R(柳田真孝/井出有治)+1.555s
3位 61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)+5.517s
4位 11号車 GAINER TANAX GT-R(安田裕信/石川京侍)+9.886s
5位 88号車 Weibo Primez ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)+15.170s
6位 96号車 K-tunes RC F GT3(新田守男/高木真一)+26.623s
7位 56号車 リアライズ 日産メカニックチャレンジ GT-R(藤波清斗/J・P・デ・オリベイラ)+31.811s
8位 2号車 muta Racing GR86 GT(加藤 寛規/堤 優威)+35.730s
9位 52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(川合 孝汰/菅波冬悟)+36.182s
10位 360号車 RUNUP RIVAUX GT-R(青木 孝行/田中 篤/柴田 優作)+36.471s
ファステストラップ:61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(山内英輝)1'37.278

2022 スーパーGT GT300クラス ドライバーズランキング(第2戦終了時)

1位 22pt 藤波清斗/J・P・デ・オリベイラ(56号車 リアライズ 日産メカニックチャレンジ GT-R)
2位 15pt 富田竜一郎/大草りき(10号車 TANAX GAINER GT-R)
3位 15pt 小林 崇志/太田 格之進(18号車 UPGARAGE NSX GT3)
4位 11pt 蒲生尚弥/篠原拓朗(65号車 LEON PYRAMID AMG)
5位 9.5pt 井口卓人/山内英輝(61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT)
6位 8pt ケイ・コッツォリーノ/横溝直輝(9号車 PACIFIC hololive NAC Ferrari)
7位 7.5pt 柳田真孝/井出有治(34号車 BUSOU raffinee GT-R)
8位 6pt 本山哲/片山 義章(6号車 Team LeMans Audi R8 LMS)
9位 5pt 安田裕信/石川京侍(11号車 GAINER TANAX GT-R)
10位 4pt 谷口信輝/片岡龍也(4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG)

2022 スーパーGT GT300クラス チームランキング(第2戦終了時)

1位 28pt 56号車 KONDO RACING
2位 21pt 10号車 GAINER
3位 21pt 18号車 TEAM UPGARAGE
4位 17pt 65号車 K2 R&D LEON RACING
5位 13.5pt 34号車 BUSOU Drago CORSE
6位 13.5pt 61号車 R&D SPORT
7位 12pt 9号車 PACIFIC CARGUY Racing
8位 12pt 6号車 Team LeMans 6pt 87号車 JLOC
9位 11pt 11号車 GAINER
10位 10pt 4号車 GOODSMILE RACING&TeamUKYO