2021年7月16日、BMWジャパンは「4シリーズ グランクーペ」と、これをベースとしたMパフォーマンスモデル「M440i xDriveグランクーペ」を発表。本日より販売が開始され、納車は2021年9月以降となる。

流麗なフォルムながら5名乗車の居住空間をしっかり確保

2020年10月にフルモデルチェンジが行われたミドルサイズクーペ、BMW 4シリーズ。2021年2月に追加された「4シリーズ カブリオレ」に続き、4ドアクーペの「4シリーズ グランクーペ」が新たに加わった。また4シリーズ グランクーペをベースに、レースでのノウハウを詰め込んだMパフォーンスモデル「M440i xDriveグランクーペ」も同時に発売された。

新型4シリーズ グランクーペも、2ドアクーペのエレガントさとスポーティさを兼ね備えたフォルムを受け継ぐ。1930年代に一世を風靡したBMW 328、1960年代に登場したBMW 1600やBMW 2002を彷彿させる縦型のキドニーグリル、そしてブラックアウトされた伝統のL字型テールランプが存在感を際立たせている。

BMWのアイコンとも言える、ロングノーズ&ショートデッキの佇まい、そして4ドアとは思わせない、AピラーからCピラーにかけての流れるようなルーフラインが美しい。この流麗さから居住スペースの広さが気になるが、5名がしっかりと座れる広さを確保しているという。

3シリーズや4シリーズクーペなどからのおもしろい変更点といえば、ドアハンドルだ。従来モデルでドアハンドルはボディから張り出すような「グリップ式」だったのだが、今回のグランクーペからフラップ式となりボディからの張り出しを最小限に抑えられているように見える。

グレード展開は420iグランクーペと420iグランクーペ Mスポーツのふたつを設定され、いずれも最高出力184ps/5000−6500rpm、最大トルク300Nm/1350−400rpmを発生する2L 直4 DOHCターボが搭載する。トランスミッションは8速ATで、駆動方式はFR。

走りは、サスペンション取り付け部やアンダーフレームを強化や、高剛性ボディの採用、ロール剛性の強化、切れのあるハンドリング設定などで、3シリーズに迫るスポーティさを追及しているという。衝突時安全性能の向上も図られている。

4シリーズグランクーペはセダンではなく、大きな開口部を持つハッチバックボディゆえ、車体剛性の低下を補うためブレース(補強)材をリアまわりに追加。また軽量化のため、アルミ素材をボンネットだけでなくエンジンまわりに使うことで実現している。

Mパフォーマンスモデルならではの専用装備を用意

Mパフォーマンスモデルの「M440ixDriveグランクーペ」は、ベースモデルの内外装をほとんど踏襲する。ただし、Mパフォーマンスモデルならではの演出が行われている。

専用色となるセリウムグレーが、キドニーグリルや、エアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップにあしらわれる。走りを感じさせるスパルタンなイメージを与えてくれる仕様だ。機能部品として、Mリアスポイラーも装備される。空力特性を高め、高速走行時の安定性を向上させてくれるのは、言うまでもない。

搭載されるエンジンは最高出力374ps/5500−6500rpm、最大トルク500Nm/1900−5000rpmの3L 直6 DOHCターボ。0→100km/h加速は4.7秒(欧州仕様値)のパフォーマンスの持ち主だ。トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WDで、MアダプティブサスペンションやMディファレンシャルの装着により、悪路はもちろんオンロードでの安定したコントロール性能とスポーティな走りを実現できるという。

ADAS(先進運転支援システム)およびコネクティッド関連装備は、4シリーズグランクーペとMパフォーマンスモデルともに共通となる。順次紹介して行こう。

トピックは「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」の搭載だ。すでに新型の3シリーズや4シリーズに搭載されているもので、高速道路での渋滞時にドライバーの疲労軽減・安全性向上に寄与する運転支援システムだ。ドライバーがただちにハンドルを操作できる状態/前方注視などの一定の条件下でハンドルから手を離して走行できる、自動運転レベル2(SAE)の技術だ。

安全機能/運転支援システム「ドライビングアシスト プロフェッショナル」の標準装備も行われる。高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、アクティブクルーズ コントロール(ストップ&ゴー機能付)や、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)など多くの機能を作動させるシステムだ。

さらに、同じく標準装備となる「パーキングアシスタント」には、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバースアシスト機能が採用されている。

AI技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW最新の機能「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」も装備される。これまでの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し適切な機能やサービスを起動することに加え、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習していくという。ドライバーがシステムに「名前」を自由に付けることもできるという。

BMW 4シリーズ グランクーペは2021年7月16日より発売され、納車は9月以降に予定されている。

BMW 4シリーズグランクーペ ラインアップ

420i グランクーペ:620万円
420i グランクーペ Mスポーツ:660万円
M440i xDriveグランクーペ:1050万円

●BMW 420iグランクーペ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4785×1850×1450mm
●ホイールベース:2855mm
●車両重量:1670kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1998cc
●最高出力:184ps/5000rpm
●最大トルク:300Nm/1350−4000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:FR
●車両価格(税込):620万円

●BMW M440i xDriveグランクーペ主要諸元

●全長×全幅×全高:4783×1850×1450mm
●ホイールベース:2855mm
●車両重量:1840kg
●エンジン:直6 DOHCターボ
●総排気量:2997cc
●最高出力:387ps/5800rpm
●最大トルク:500Nm/1800−5000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●車両価格(税込):1050万円