2022年6月13日、軽自動車規格の電気自動車である三菱 eKクロスEVと日産 サクラの受注状況が明らかになった。同年5月20日に発表された両モデルは、本格的なBEVの時代到来を予感させるモデルとして注目を集めているが、発表後わずか3週間の受注状況は、三菱 eKクロスEVが3400台、日産 サクラが1万1000台を突破する人気となっている。なお、6月16日にいずれも販売が開始されることも正式に発表された。

三菱自動車と日産自動車が共同で開発した「軽の電気自動車」

三菱 eKクロスEVと日産 サクラは、三菱自動車と日産自動車が共同で開発した「100%電気で走る軽の電気自動車」で、一満充電での走行距離180km(WLTCモード)を実現、バッテリーに蓄えた電気を自宅に給電して家庭用電力として使うこともできる。また充電は200Vの普通充電とCHAdeMOの急速充電に対応するなど、その基本性能は共通だが、安全装備、内外装のデザイン、機能性などに独自性が与えられている。

気になる車両価格は三菱 eKクロスEVが239万8000円〜293万2600円、日産 サクラが233万3100円〜294万0300円と発表されているが、国からのクリーンエネルギー自動車導入促進補助金(55万円)や自治体からの支援制度、免税措置などにより、100万円以上も割安になる例があることでも話題となっている。場合によっては、ガソリン車の軽自動車よりも安くなることもあるという。

三菱 eKクロスEVは月販売目標の4倍となる3400台以上を3週間で受注

三菱 eKクロスEVはクロスオーバータイプ 軽自動車「eKクロス」シリーズに新たに設定されたモデルで、5月20日の注文開始以来3週間で、月販売目標台数850台の4倍となる3400台以上を受注した。

グレードは、7インチカラー液晶メーターやイノベーティブペダル オペレーションモードを備えた充実装備の「G」と、それらに加えてSOSコールや9インチスマートフォン連携ナビゲーション、LEDフロントフォグランプや15インチアルミホイールなどを標準装備した上級仕様の「P」の2グレード展開となっているが、受注の約6割が上級グレード「P」で、そのうち86%が運転支援機能である「マイパイロット パーキング」や「マイパイロット」を含むパッケージメーカーオプションの「先進安全快適パッケージ」装着車となっているという。

●三菱 eKクロス EV 注文状況

■グレード 構成比
P:57%/G:43%

■主要メーカーオプション装着率
P:先進安全快適パッケージ 86%/プレミアムインテリアパッケージ 29%/ルーフレール 23%
G:寒冷地パッケージ 63%/先進安全パッケージ 29%/アクティブパッケージ 10%

■ボディカラー 構成比
ナチュラルアイボリーメタリック:18%
ホワイトパール/ブラックマイカ:16%
ミストブルーパール/カッパーメタリック:12%
ミストブルーパール:12%

三菱eKクロス EVは、6月16日より全国の系列販売会社及び楽天市場店で販売が開始される。

日産 サクラは3週間で1万台突破! 大きく超えて1万1429台を受注

一方のサクラはというと、日産にとって初となる軽の電気自動車軽で、独自のデザインを施されて登場。プロパイロットやプロパイロット パーキングなど、充実した先進技術も話題となり、注文開始以来3週間で、1万1000台を超える1万1429台(6月13日時点)を受注した。

グレード別では、受注の約4割が最上級グレードのGで、アラウンドビューモニターは7割以上の装着率となっているという。

また、ボディカラーは、ホワイトパールが1番人気で、次いでサンライズカッパーとブラックの2トーンやホワイトパールとチタニウムグレーの2トーンが人気となっている。

●日産サクラ注文状況

■グレード 比率
G:36%/X:61%/S:3%

■ボディカラー 構成比
ホワイトパール:21%
ホワイトパール/チタニウムグレー 2トーン:15%
サンライズカッパー/ブラック 2トーン:12%
スターリングシルバー:9%
ブラック:7%

■年代別 比率
〜30代:11%/40代:18%/50代:24%/60代:26%/70代〜:21%

日産 サクラは三菱 eKクロスEVと同日、6月16日より正式に販売が開始される。