2代目 ホンダ NSXの最終にして究極のモデル、「タイプS」のステアリングをテストコースでの試乗だが早くも握ることができた。そのパフォーマンスを存分に味わった大谷レポーターは、何を思ったのだろうか。

ポルシェにも匹敵する、NSXの強靱さ

もともとニュルブルクリンクばりにアップダウンが激しい鷹栖プルービンググラウンドのワインディングロードは、北海道の厳しい冬がそうさせたのか、以前と比べても路面が一層荒れているという。

そこを、ホンダのテストドライバーはときに200km/hに迫るスピードで突っ走っていく。初めてこのコースを走る私はじわじわと引き離されていったが、それでも彼らはペースを緩めない。ときにNSXは瞬間的に宙を舞ってエンジンが大きなうなり音を上げ、また別のときには路面のうねりでボディが激しく左右に振られてルーフとヘルメットが軽く接触するほどの激しい走り・・・。しかし、そうまでして私たちに見せたい何かが、NSX開発陣の胸の内にはあった。

2代目NSXの最後を飾る限定モデル、タイプSに試乗するために私は鷹栖を訪れたのだが、比較用の2019年モデルを走らせただけで、NSXというスーパースポーツカーの本質を見せつけられたような思いがした。ボディはあくまでも頑強。どんなに激しい走りをしてもサスペンションは音を上げることなく、路面からの衝撃をしっかりと受け止めてタイヤの接地性を確保する。しかも、1周6.2kmのコースを「これでもか!」とばかりに走り続けても、エンジンやブレーキが熱ダレを起こす気配は一切見られない。その強靱さは、ポルシェに匹敵するといっても過言ではないほどだ。

しかし、そんなNSXでさえ、アンジュレーションの激しい路面で姿勢を乱しかけ、接地性が薄れてタイヤを軽くスライドさせるシーンを何度か見られた。ところがタイプSに乗り換えると、ボディはフラットな姿勢を崩さず、コース中唯一のジャンピングスポットを除けばタイヤのグリップが薄れるシーンは皆無。ステアリングホイールを握る私は全身にうっすら汗をかくほどの全力投球をしているというのに、タイプSは涼しい顔をしたまま、さらっとコースを走り抜けたのである。

150km/hオーバーでも安心して修正舵があてられる

私は一度ピットに戻って気持ちを落ち着かせると、再びコースへと躍り出た。すると、コースの習熟が進んだこととあいまって、徐々にタイプSの限界を引き出せるようになっていった。

最初にタイプSが発するシグナルは、軽いスキール音だ。そこからさらに攻め込むと、タイプSのテールはじわりと流れ始める。しかし、そこに至るまでの過程が斬新的なため、ドライバーは慌てることなく、余裕をもってカウンターステアをあてられる。しかも、一連の動作はすべて流れるように自然でわかりやすい。150km/hを越える速度域でも安心して修正舵をあてられるミッドシップスポーツカーは、私にとってNSXが初めてだ。

こうした地を這うような挙動は、減衰力の可変幅を拡大した電子制御式ダンパーやダウンフォースの量を一段と増したエアロダイナミクスの効果に加え、浮き上がろうとするボディを3モーター式SH-AWDの駆動力コントロールによって抑え込むことで実現したという。つまりSH-AWDはヨーコントロールだけでなく、姿勢制御にも有効なのだ。

しかも、これだけ様々な電子制御が搭載されているのに、限界領域で走行するドライバーに一切その存在を感づかせないところに、NSXの、そしてSH-AWDの真価はある。+22psを得た3.5LのV6ターボエンジンが奏でるサウンドは高音成分を強調した抜けのいい音色。中間加速が一段と鋭くなったのは、フロントモーターをパワーアップするとともにギア比をローレシオ化した恩恵である。

試乗後、私の心に浮かび上がった思いはただひとつ。「これほどの名作を、なぜホンダは捨ててしまうのか?」いまはただ、NSXのDNAを受け継いだ新しいスポーツモデルが1日も早く登場するのを願うばかりだ。(文:大谷達也/写真:本田技研工業)

●■ホンダ NSX タイプS 主要諸元(一部は編集部推定値)

●全長×全幅×全高:4530×1940×1215mm
●ホイールベース:2630mm
●車両重量:未発表
●エンジン:75度V6 DOHCツインターボ+3モーター
●総排気量:3492cc
●最高出力:389kW<529ps>/6500-6850rpm
●最大トルク:600Nm<61.2kgm>/2300-6000rpm
●モーター最高出力:27kW×2+35kW
●モーター最大トルク:73Nm×2+148Nm
●システム最高出力:610ps
●システム最大トルク:667Nm
●トランスミッション:9速DCT
●駆動方式:4WD(エンジンは縦置きミッドシップ)
●燃料・タンク容量:プレミアム・60L
●タイヤサイズ:前245/35ZR19、後305/30ZR20
●車両価格(税込):2794万円