2022年7月21日、メルセデス・ベンツは、プレミアムミニバン「V クラス」のラインナップに、新たに「V 220 d アバンギャルド エクストラロング ブラックスイート」を追加すると発表。同日より注文受付が開始され、納車予定は8月となる。併せて、車両価格の見直しも行われた。

ゴージャス感漂う装備充実のインテリア

その高い利便性で人気のメルセデス・ベンツのプレミアムミニバン「Vクラス」に、新たな仲間「V220dアバンギャルド エクストラロング ブラックスイート」(受注生産)が加わった。

ベースは、全長5380mm、ホイールベース3430mmで広々空間を提供する「V220dアバンギャルド エクストラロング」(受注生産)で、フロントグリルやフロントバンパー、サイドミラーにブラックアクセントが施されるとともに、足元には専用のブラックペイント19インチAMG7ツインスポークアルミホイールが装着される。

インテリアは、カーボン調インテリアトリムをはじめ、全席ナッパレザーシートとブラックルーフライナーといったシックな装い。さらに、前席にはシートと乗員の接地面の蒸れを防止するシートベンチレーターを備え快適性への配慮も忘れていない。

デジタルルームミラーが標準装備されるのも嬉しい。後席の同乗者や大きな荷物で見えにくくなる車両後方の視界を補助してくれるのだ。スイッチを操作で通常のルームミラーに切り替えることも可能だ。

ならではの装備は、運転席と助手席の間の3.2Lの容量がある冷蔵庫付きセンターコンソール。ゴージャスこの上ない。センターコンソール後方には温冷機能付きカップホルダーも備える。2列目も抜かりはない。カップホルダー、USB ポート、スマートフォン用トレイ、小物入れが備わるエクスクルーシブシートが標準装備される。また、前席背面部はシートバックテーブルとなる。

クリーンディーゼルと9速ATで走りもスマート&クリーン

パワーソースは、最新の2L 直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジン「OM654」で、最高出力120kW(163ps)、最大トルク380Nmを発生。振動、騒音も低減とともに、シリンダーブロックと、ピストンに熱膨張率の異なる素材を採用することや、メルセデス・ベンツが開発した表面コーティングNANOSLIDEを導入することで、摩擦を低減し効率性の向上が図られている。

また、排出ガス浄化経路の短縮やsDPF(DPF with SCR Coating選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)を採用するなど、排気の浄化にも注力しており、欧州において導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合したエンジンでもある。

トランスミッションは9速オートマチックトランスミッション「9G-TRONIC」を採用。1速から9速までの変速比幅を広くすることで、エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を実現しているという。

なお、「V220 dアバンギャルド エクストラロング ブラックスイート」の追加と併せ、「Vクラス」の車両価格の見直しも行われている。

●■メルセデス・ベンツ Vクラス ラインナップ

V220 d アバンギャルド:849万円
V220 d アバンギャルド ロング:875万円
V22O d アバンギャルド エクストラ ロング:901万円
V220 d Macro Polo HORIZON:1027万円
V220 d エクスクルーシブ ロング プラチナスイート:1218万円
V220 d アバンギャルド エクストラロング ブラックスイート:1218万円

●■メルセデス・ベンツV220d アバンギャルド エクストラロング ブラックスイート主要諸元

●全長×全幅×全高:5385×1930×1930mm
●ホイールベース:3430mm
●車両重量:2550kg
●エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1949cc
●最高出力:120kW(163ps)/38000−4400rpm
●最大トルク:380Nm/1600−2400rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:FR
●燃料・タンク容量:軽油・70L
●WLTCモード燃費:14.3km/L
●タイヤサイズ:245/45R19
●車両価格(税込):1218万円