2022年1月20〜23日、 2022年のWRC(世界ラリー選手権)開幕戦ラリー・モンテカルロがモナコを起点に開催され、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・ローブが優勝、通算80勝目をあげた。2位にはトヨタのセバスチャン・オジェ、3位にはMスポーツ・フォードのクレイグ・ブリーンが入った。トヨタの勝田貴元は土曜日のスピンとコースアウトで大きくタイムをロスし8位にとどまった。

初日からオジェとローブが優勝争いを展開、新旧王者「セバスチャン対決」に

新しい車両規定である「ラリー1」レギュレーションを初めて採用して開催された伝統のラリー・モンテカルロは、過去モンテカルロ8勝の8冠王者オジェとモンテカルロ7勝の9冠王者のローブ、マイスター同士の一騎打ちとなった。

ラリー最終日を優位な立場で迎えていたのは、オジェの方だった。ハイブリッド新規定車ラリー1の初戦、しかもシーズン最難関のモンテカルロとあって、多くのドライバーがメカニカルトラブルやドライビングミスによるアクシデントに沈む中、今シーズンはスポット参戦となるオジェは、やはりスポット参戦のローブとラリー序盤から僅差の優勝争いを展開。

その構図が大きく動いたのは、ほどんどがドライコンディションとなった今回のモンテカルロで唯一スノー&アイスのセクションがあった土曜日の最終ステージ「システロン」だった。

スタート前にローブがスノータイヤを装着しないギャンブルに出たのに対し、当初はスノータイヤを装着していたオジェもこれに付き合う形でスタート直前にタイヤを替えてローブと同じ選択に。結果はスノーセクションでのタイムロスを最小限に抑えたオジェの大勝となり、これで勝負あったかに思えた。

土壇場のタイヤトラブルで、トヨタはWRC新時代最初の勝利を逃す

しかし、最終日、思わぬ形でその戦いに決着がついた。差を24.6秒まで広げた迎えたSS16、オジェは痛恨のパンクを喫して大きなタイムロスとなり、首位を明け渡してしまう。

ローブとの差は9.5秒で、残されたステージは最終ステージのみ。それでも諦めないオジェはフルアタックを続けたが、圧倒的なスプリットタイムを刻んでいる途上で、SSスタートでフライング(10秒のタイムペナルティ)を犯していたことが発覚。これで万事休すとなった。

最終的に10.5秒の差で勝利を手にしたローブはWRC最年長優勝の記録も更新。Mスポーツ・フォードはブリーンが選手権フル参戦組の中での最上位となる3位に入っており、ドライバーズ/マニュファクチャラーズの両選手権をリードすることになった。

次戦2022年のWRC第2戦は、2月24日から27日にかけて開催されるラリー・スウェーデン。雪と氷に覆われた森林地帯の未舗装路を走行するこのラリーは今シーズン唯一のスノーイベントで、金属製のスタッド(スパイク)が埋め込まれた特殊な雪道専用のタイヤを装着して走り、非常に高いグリップが得られるため、スノーラリーながらその平均速度は例年WRCの全イベントの中でトップクラスの高さとなる。

●2022WRC開幕戦ラリー・モンテカルロ 結果

1位:S.ローブ(フォード プーマ ラリー1)3h00m32.8s
2位:S.オジェ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+10.5s
3位:S.ブリーン(フォード プーマ ラリー1)+1m39.8s
4位:K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+2m16.2s
5位:G.グリーンスミス(フォード プーマ ラリー1)+6m33.4s
6位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20 N ラリー1)+7m42.6s
7位:A.ミケルセン(シュコダ ファビア ラリー2エボ)+11m33.8s
8位:勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1)+12m24.7s
9位:E.カイス(フォード フィエスタ ラリー2)+12m29.2s
10位:N.グライジン(シュコダ ファビア ラリー2エボ)+13m41.3s