2021年7月2日、F1第9戦オーストリアGPがオーストリア・レッドブルリンクで開幕する。先週行われた前戦シュタイアマルクGPと同じコース、同じ周回数、同じ時間帯、同じスケジュールで、オーストリアGPと名前を変えて開催される。このためシュタイアマルクGPを快勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が有利と予想されるが、もちろんライバルチームも豊富なデータを元に逆転を狙っている。フランスGPから続く3連戦の締めくくりとなるオーストリアGPはどんなレースになるのだろうか。

天候次第でまったく異なるレースになる

前戦、第8戦シュタイアマルクGPは週末を通して雨の予報が続いていたが、結局まとまった雨が降ることはなく、高温のドライコンディションの下で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションからトップに立ち、そのままリードを奪って快勝した。

メルセデス勢をはじめとしたライバルは、タイヤ戦略で揺さぶることもできなかった。

今回、第9戦オーストリアGPでのひとつのポイントは、タイヤ選択。タイヤを供給するピレリは「第9戦は、第8戦よりもソフトな組み合わせのコンパウンドのタイヤを供給します。 異なるタイヤコンパウンドを供給することで、戦略的なバリエーションが生まれ、2つのレースは異なった展開になるでしょう」とコメントしている。

タイヤ戦略も含めて、チームにはこのサーキットに関する豊富なデータがあり、また前週の経験があるので、まったく同じ展開にはならないだろう。

もうひとつのポイントは天候。ウエットコンディションになれば、それだけでレース展開はまったく違うものになってくる。問題は、フリー走行、予選、決勝のどのタイミングで雨が降り出すかだ。ちなみに、今週末は先週より外気温が低くなる予報が出ている。

オーストリアGPの舞台となるレッドブルリンクの特徴を確認しておこう。

レッドブルリンクはオーストリアの緑あふれるのどかな丘の中にあるサーキットで、山間部にあるため起伏に富み、エンジンパワーが重要なファクターとなる。また、低速コーナーはターン3とターン4のみで、エンジン全開率は66%と高く、平均速度が230km/hと高いのも特徴。

標高が高く酸素濃度が低いので、マシンにとっては、エアロダイナミクス、冷却、過給効率が大きな課題となる。ブレーキングゾーンが少ないため運動エネルギー回生(MGU-K)は小さい。

今シーズンのここまでの戦いを振り返ると、序盤こそ戦略の秀逸さもあってメルセデスがリードしたが、新加入のセルジオ・ペレスがレッドブルのマシンに慣れてチームとして機能しはじめると状況は少しずつ変化。第5戦モナコGP以降、流れはメルセデスからレッドブル・ホンダへと変わった感がある。フランスGPから投入されたホンダの新しいパワーユニットも好調だ。

はたして、この流れはどこまで続くのか。レッドブル・ホンダの怒濤の5連勝はあるのか。また、アルファタウリ・ホンダは開幕戦から8戦連続でトップ10入りを継続中。今回もマクラーレン、フェラーリとの戦いが楽しみだ。第9戦オーストリアGPは7月2日11時30分(日本時間18時30分)から始まるフリー走行で開幕する。

2021年F1第9戦オーストリアGP タイムスケジュール

・フリー走行1回目:7月2日11時30分〜12時30分(日本時間18時30分〜19時30分)
・フリー走行2回目:7月2日15時〜16時(日本時間22時〜23時)
・フリー走行3回目:7月3日12時〜13時(日本時間19時〜20時)
・予選:7月3日15時〜16時(日本時間22時〜23時)
・決勝:7月4日15時〜(日本時間22時〜)

●【参考】2021年F1第8戦シュタイアマルクGP決勝 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)71周
2位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+35.743s
3位 77 V.ボッタス(メルセデス)+46.907s
4位11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)+47.434s
5位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+1周
6位 55 C.サインツ(フェラーリ)+1周
7位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+1周
8位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)+1周
9位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)+1周
10位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)+1周
・・・・・・・・・・
リタイア P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)

●【参考】2021年F1第8戦シュタイアマルクGP予選 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 1:03.841
2位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:04.035
3位 44 L.ハミルトン(メルセデス) 1:04.067
4位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)1:04.120
5位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ) 1:04.168
6位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) 1:04.236
7位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:04.472
8位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) 1:04.514
9位 14 F.アロンソ (アルピーヌ・ルノー)1:04.574
10位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス) 1:04.708

●2021年F1ドライバーズランキング(第8戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 156
2位 L.ハミルトン(メルセデス) 138
3位 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)96
4位 L.ノリス(マクラーレン・メル セデス) 86
5位 V.ボッタス(メルセデス) 74
6位 C.ルクレール(フェラーリ) 58
・・・・・・・・・・
8位 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)37
14位 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)9

●2021年コンストラクターズランキング(第8戦終了時)

1位 レッドブル・ホンダ 252
2位 メルセデス 212
3位 マクラーレン・メルセデス 120
4位 フェラーリ 108
5位 アルファタウリ・ホンダ 46
6位 アストンマーティン・メルセデス 44