2022年7月14日〜17日、、世界ラリー選手権WRC第7戦ラリーエストニアがエストニア第2の都市タルトゥを起点に開催され、トヨタのカッレ・ロバンペラが優勝。シーズン第7戦にして早くも5勝目をあげた。2位はチームメイトのエルフィン・エバンス、3位にはヒョンデのオイット・タナックが入った。勝田貴元はまたも素晴らしい走りを見せて、5位入賞を果たしている。

雨がもたらした絶好の勝機を逃さず逆転、ロバンペラが今季5勝目

ここまで6戦4勝でドライバーズ選手権をリードするロバンペラが圧巻の走りを見せた。

エストニアは昨年、WRC初優勝を記録した思い出の高速ラリー。不利な先頭スタートで苦戦も予想されたが、時折り雨が降るラリー序盤のコンディションがロベンペラに大きな助けとなった。

ライバルのヒョンデ勢がなかなかペースを上げられない中、本格的な競技初日となる金曜日午前中のステージをチームメイトのエバンスに次いで2番手で終えた若き王者候補は、時間が経つに連れて雨が強まる状況となったこの日の最終ステージで先頭スタートの有利さを活かしてスパート。圧倒的なベストタイムをマークしてエバンスを逆転した。

首位で迎えた土曜日以降は「リスクを冒さずにリラックスして攻められた」という落ち着いた走りでベストタイムを連発し、エバンスとの差を徐々に広げて優勝争いに決着をつけた。

日曜日も無難に走り切って今季5勝目となったロバンペラは「事前テストがバッチリで最高のクルマに仕上がっていた。チームのみんなに感謝したい」と余裕の笑顔。パワーステージも制したことで、これで選手権のリードは83点にまで広がって次戦ホームラリーのフィンランドを迎えることになった。

勝田は若手勢とのバトルを制して5位入賞

今シーズン好調な勝田貴元(トヨタ)が、また素晴らしい走りを見せた。

得意の高速グラベルラリーとはいえ過去エストニアではクラッシュが多く完走ゼロの勝田は、ラリー序盤はトップグループからは大きく出遅れた。

しかし、ライバルたちがトラブルに後退していく中、危なげない走りを続けたことで若手勢の争いから抜け出すことに成功、最後はMスポーツ・フォードのアドリアン・フルモーとの一騎討ちを制して5位でフィニッシュした。

ラリー終了後、勝田は「ラリーエストニアは5回目ですが、初めて完走できました。シェイクダウンでクラッシュしたり、ラリーの出だしでタイムが悪かったりしましたが、どんどんクルマのフィーリングが良くなって自信を持って攻められるようになりました。この流れを次につなげれればと思います」と笑顔を見せた。

次戦第8戦ラリーフィンランドは、8月4〜7日、中部の学園都市、ユバスキラを起点に開催される。

●■2022年WRC第7戦ラリーエストニア 結果

1位:K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)2h540m29.0s
2位:E.エバンス(トヨタ GRヤリス ラリー1)+1m00.9s
3位:O.タナック(ヒョンデ i20 N ラリー1))+1m55.7s
4位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20 N ラリー1))+3m53.3s
5位:勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1) +4m13.4s
6位:E.ラッピ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+4m49.1s
7位 :A.フルモー (フォード プーマ ラリー1)+5m09.2s
8位 :A.ミケルセン(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+11m01.8s
9位 :T.スニネン(ヒョンデ i20 N ラリー2)+11m27.1s
10位 :E.リンドホルム(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+13m04.8s

●■022年WRCドライバーズランキング(第7戦終了時)

1位 K.ロバンペラ(トヨタ) 175
2位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ)92
3位 E.エバンス(トヨタ)79
4位 O.タナック(ヒョンデ)77
5位 勝田貴元(トヨタ)73
6位 C.ブリーン(Mスポーツ フォード)60

●■2022年WRCマニュファクチャラーズランキング(第7戦終了時)

1位 トヨタ 298
2位 ヒョンデ 211
3位 Mスポーツ フォード 157