2021年7月4日に行われたF1第9戦オーストリアGPは、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅にとって、もったいないレースとなった。7番グリッドからスタートしながら、ちぐはぐなレース運びでポイントを獲得できず、同じパワーユニットを使うフェルスタッペンが素晴らしいレースを見せただけに、悔しい結果となった。

ソフトタイヤに苦しみレースペース上がらず

7番グリッドからスタート、上位進出が期待されたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅にとって、オーストリアGPの決勝は苦い経験となった。

角田は予選上位通過を狙ってのためかソフトタイヤで出走し、Q2をクリアして見事予選(Q3)7位を獲得した。しかし、Q3に進出したマシンは決勝スタートでタイヤを変更できない規定により、ソフトタイヤのままスターティンググリットに並ぶことに。結果的に決勝レースの展開が苦しいものとなってしまった。

ソフトタイヤでスタートしたもののレースペースを上げられらず、多くのミディアムタイヤ勢をオーバーテイクすることができないまま、早めのタイヤ交換が必要となってしまった。このため12周目にピットインしてハードタイヤに交換するが、後続とのタイム差が小さかったこともあり、これで順位を大きく下げてしまう。

しかも、角田はこのピットインの際にピット入口の白線をまたいでしまい、5秒のタイムペナルティを言い渡される。

この後、1回目のタイヤ交換が早かったことで2ストップ戦略となり、角田は51周目にピットインして再びハードタイヤに交換。これと同時に5秒ペナルティを消化して、またも後退。

さらに、この2回目のピットインする際にも再びピット入口で白線をまたぎ、2度目の5秒ペナルティを受けることになる。なんともちぐはぐな展開で、結局角田はフィニッシュ後に5秒を加算され、12位という最終結果となった。

レース後、角田は「難しい一日となりました。レース中のペースに苦しみ、タイヤマネージメントはとても難しかったです。予選がよかっただけにフラストレーションがたまりますが、気持ちを切り替え、今日の課題を振り返る必要があります。次のシルバーストーンで同じミスを繰り返すことがないようにしていきます」とコメントしている。

ガスリー9位、ペレス6位もすっきりしない結果

6番グリッドからスタートしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)も、序盤でペースを上げられず苦しんだ。角田と同じくソフトタイヤでスタートしたガスリーは、1回目のピットストップで作業に時間がかかりタイムロスして後退。45周目に2回目のピットストップを行い、なんとか9位でフィニッシュ、2ポイントを獲得した。

これによりアルファタウリ・ホンダの連続ポイント獲得は継続されたが、狙っていたのがもっと上位だっただけに、不満の残る結果となった。

ガスリーも「想像していた以上に厳しい戦いでしたが、なんとかポイント獲得を継続できました。2ストップ戦略はもっとうまく行くと考えていました。しかし、レース序盤で履いたソフトタイヤで予想以上に苦戦しました。予選以上の順位でフィニッシュできなかったことが残念です」とコメント。

一方、同じくホンダのパワーユニットを使うセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)は3番グリッドからスタート、序盤、2番手のランド・ノリス(マクラーレン)に迫るが、ターン4で押し出されてコースアウト。これで10番手までポジションを落とし、レース戦略が台無しになってしまう。

それでもペレスはシャルル・ルクレール(フェラーリ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)と激しいバトルを繰り広げ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の背後に迫る5番手でフィニッシュした。ただ、ルクレールとのバトルで2度のタイムペナルティを受け、最終結果は6位となった。

レース後、ペレスは「4周目にランド(ノリス)をアウト側から抜こうとしてコース外へ押し出されたことで、僕のレースは終わってしまったようなものです。シャルル(ルクレール)とのインシデントについてはコメントが難しいですが、2度目の接触では乱気流の中でリアを失ってしまいました。シャルルのレースに影響を与えてしまい、とても申し訳なく思っています」と語っている。

次戦、2021年F1第10戦イギリスGPは、7月16日、ノーザンプトンシャーのシルバーストン・サーキットで開幕する。

●2021年F1第9戦オーストリアGP決勝 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)71周
2位 77 V.ボッタス(メルセデス)+17.973s
3位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+20.019s
4位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+46.452s
5位 55 C.サインツ(フェラーリ)+57.144s
6位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)+57.915s
7位 3 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)+60.935s
8位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+61.195s
9位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)+61.844s
10位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)+1周
・・・・・・・・・・
12位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)+1周

●2021年F1ドライバーズランキング(第9戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 182
2位 L.ハミルトン(メルセデス) 150
3位 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)104
4位 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) 101
5位 V.ボッタス(メルセデス) 92
6位 C.ルクレール(フェラーリ) 62
・・・・・・・・・・
9位 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)39
14位 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)9

●2021年F1コンストラクターズランキング(第9戦終了時)

1位 レッドブル・ホンダ 286
2位 メルセデス 242
3位 マクラーレン・メルセデス 141
4位 フェラーリ 122
5位 アルファタウリ・ホンダ 48
6位 アストンマーティン・メルセデス 44