2022年4月21日、ランボルギーニはモナコ在住のクライアントのためにウラカン STOを送り出した。これはウラカンとしては2万台目のモデルとなる。そこで、2014年のデビュー以来8年間にわたる、ウラカンのサクセスストーリーを振りかえってみたい。

12のロードバージョンと3種のトラックバージョンを送り出す

ランボルギーニのV10ミッドシップ スーパースポーツ、ウラカン。2014年に[ガヤルド]の後継として誕生し、今までに生産された2万台のうち71%がクーペ、29%がスパイダーだった。仕向け地のトップは米国で、32%以上が出荷されている。英国と中国がそれに続く。後述するSTOの人気もあり、2021年は2568台と販売台数を大幅に伸ばした。ここからは、ウラカンの歴代モデルを振りかえってみよう。

最初のクーペモデル、ウラカン LP610-4(2014年)

ウラカン最初のモデル、LP610-4 クーペは2014年のジュネーブ モーターショーでデビューした。5.2Lの自然吸気V10エンジンは610hpと560Nmを発生し、駆動方式は4WD。0→100km/h加速は3.2秒、最高速度は325km/hと公表された。ランボルギーニ ANIMAと呼ばれるドライブモードやLPI車両マネジメント システム、灯火類のLED化(スーパースポーツで初)などを採用した。

翌2015年のフランクフルト モーターショーでLP610-4 スパイダーが発表された。パワースペックはクーペと同様だが、0→100km/h加速は3.4秒、最高速度は323km/hとされている。

2輪駆動モデルのウラカン LP580-2(2015年)

LP610-4と同じ5.2LのV10エンジンを搭載するが、パワースペックは580hp/533Nmにおさえられ、後輪のみを駆動。4WDモデルより33kgの軽量化を達成したモデル。最高速度は320km/h。2016年のロサンゼルス モーターショーでスパイダーも発表された。パワースペックはクーペのLP580-2と同じだ。

ニュルブルクリンクでレコードを記録したペルフォルマンテ(2016年)

2016年に発表された「ペルフォルマンテ(イタリア語でパフォーマンスの意味)」は、最高出力は640hp/8000rpm、最大トルクは600Nm/6500rpmにアップ。アクティブ エアロダイナミック イノベーションにより、[ニュルブルクリンク北コースの生産車でのラップレコード、6分52秒01を記録]した。

さらに2018年にはペルフォルマンテ スパイダーを発表。パワースペックはクーペと同等で、0→100km/h加速は3.1秒、0→200km/h加速は9.3秒とアナウンスされている。

次世代のスーパースポーツ、ウラカン EVOに進化(2019年)

2019年にビッグマイナーチェンジが施されたウラカンは、車名も[「ウラカン EVO(エヴォ)」]となる。ボディは空力特性を向上させ、ドライビングダイナミクスも強化された。5.2LのV10エンジンはチタン製吸気バルブを組み込むなどして640hpと600Nmにアップされ、4輪操舵やトルクベクタリングなども備える。

2020年には後輪駆動モデルのEVO RWDを発表。パワースペックは610hpと560Nmと4WDのEVOよりおさえられたが、0→100km/h加速は3.3秒、最高速度は325km/hというパフォーマンスを誇る。

ランボルギーニ スクアドラ コルセが手がけたウラカンSTO(2021年)

2021年に発表された[ウラカン STO(スーパー トロフェオ オモロガータ)]は、ランボルギーニ スクアドラ コルセ(レーシングチーム)のワンメイクレース用「ウラカン スーパートロフェオ EVO」と、デイトナやセブリングの耐久レースで優勝した「ウラカンGT3 EVO」に触発された、公道走行可能なレーシングカーだ。

V10エンジンは後輪駆動ながら640hp/8000rpmと565Nm/6500rpmを発生し、0→100km/h加速は3.0秒、0→200km/h加速は9.0秒、最高速度は310km/hに達する。

公道でもサーキットでも楽しめる、ウラカン テクニカ(2022年)

2022年4月に発表された、ウラカン ファミリーの最新モデルが[ウラカン テクニカ]だ。公道でもサーキットでも、ドライビングプレジャーと完璧なライフスタイルを求めるドライバーに向けて開発された、次世代のRWDモデルである。

より空力特性を重視して前後のデザインをリニューアルし、パワーユニットはウラカンSTOから移植。ウラカン EVO RWDより30hpアップした640hp/565Nmのパワースペックで、0→100km/h加速は3.2秒を達成している。

番外編:はたらくウラカン

ウラカンはイタリアの警察でパトロールカーとして活躍している。とはいってもスピード違反の取り締まりではなく、主に救急医療で使用されている。2021年には、移植臓器の運搬のためパドヴァからローマまでの489kmを2時間強(平均速度は約240km/h!)で走ったこともある。

また、ボローニャのグリエルモ マルコーニ空港では、着陸した旅客機をエプロンまで誘導する「フォローミー」カーにウラカンが採用されており、乗客はその光景を楽しんでいる。