2022年6月20日に先行受注を開始して、4日後には限定台数の1000台に達した、ダイハツ コペンの「20周年記念特別仕様車」。正式発表は9月だが、そのディテールを写真で紹介しよう。

コレクターズアイテムになることは間違いなし!

初代の発売から20年を迎えた2022年6月19日、「コペン 20周年記念特別仕様車」はメディアにお披露目され、翌6月20日から限定1000台で先行受注が開始されたが、4日後の24日には限定台数に達して受注を終了した。

この限定車は、初代コペンを想起させる丸目の「セロ」がベース。2代目コペンとしては初めて本革製のスポーツシートを採用した。内装色はアイボリーでシートとコーディネート、さらに20周年の記念エンブレムとシリアルナンバー入りのスカッフプレートで特別感を演出している。

その他の特別装備としては、MOMO製本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、BBS製16インチ鍛造アルミホイール、LEDヘッドランプ、自発光式3眼メーター、エンブレム付きインパネガーニッシュ、専用ドアトリム&メッキパーツ、フロントスーパーLSD(5速MT車のみ)など、多岐に渡る。エンジンはベース車両と同じだが、トランスミッションは5速MTとCVTが選べた。ボディカラーも特別色はなかったが、ベース車同様に9色が選べた。

正式発表は2022年9月予定のため、メーカーでは車両価格は発表されていないが、ディーラーで確認したところ受注者には車両価格が知らされており、5速MT車は229万9000円、CVT車は224万4000円(いずれも税込)ということだった。

いずれにしても、コレクターズアイテムになることは間違いないコペン20周年記念特別仕様車。手に入れられた人は、幸運な1000人ということになるだろう。

●■ダイハツ コペン 20周年記念特別仕様車 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1280mm
●ホイールベース:2230mm
●車両重量:850kg<870kg>
●エンジン:直3 DOHCターボ
●総排気量:658cc
●最高出力:47kW(64ps)/6400rpm
●最大トルク:92Nm(9.4kgm)/3200rpm
●トランスミッション:5速MT<CVT>
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・30L
●WLTCモード燃費:18.6km/L<19.2km/L>
●タイヤサイズ:165/50R16
●車両価格(税込):229万9000円<224万4000円>