「自動運転が当たり前」な社会に向けて、クルマの点検・整備事業に変化の時が訪れようとしている。そんな中、注目したいのが「本当に信頼できるADASエーミング作業」はどこで受けられるのか?ということ。名実ともに「プレミアム」な安心感が今、求められているような気がする。(取材協力:(有) 山田自動車 [http://yama-mobile.com/] )

最先端の安全運転支援システムが「本領」を発揮するために

急速に普及が進む中で、ADAS(先進運転支援システム)の新車装着率が90%を超えたのは、2020年ごろ。急激な普及とともに、2020年4月からは保安基準適合の基準のひとつとなり、その判定に関わる「自動車特定整備制度」が施行された。

特定整備の中でも、ADAS本来の安全性能を引き出すための「ADASエーミング」は、とくに重要な作業のひとつとなっている。自動ブレーキにせよレーンキープアシストにせよ、クルマが適正な自律制御を行う大前提として、センサー類であるカメラやレーダーなどが正確な基準点(ゼロポジション)を認識させる作業が必要だ。

だが実際の現場では、同じ「adasエーミング作業」でもその「品質」に差がつく事態が起きている。一般の自動車整備業者だけでなく正規ディーラーにおいても、スタッフの練度や機材の充実に差がつき、結果的にエーミングの精度が横並びになっていないケースがあるというのだ。

それでは私たちはいったい、何を「目印」にすれば、本当に信頼できるADASエーミング作業を受けることができるのだろうか。国土交通省が公表したデータによれば、日本には自動車整備工場が約10万件あるというから、そこからベスト(かベター)を探し出すのはなかなか大変、かもしれない。

そんな中、今、理想的なADASエーミングの環境を作り出しているプロショップのアイコンとして、もっともわかりやすいのは、ボッシュが展開している「ADASエーミングエキスパート認定」店だろう。

ボッシュはいち早く、ADASエーミング作業の品質に着目してきた。2020年8月からは、最新の機材とそれを使いこなすためのトレーニング、リニアにアップデートされた各種情報などを受けることができるビジネスソリューション「ボッシュ ADASエキスパートサービスショップ」を展開している。

具体的には、認定店に対して以下の5つのトータルサポートが提供される。これがすなわち、理想的なADASエーミング作業に関わる必須条件をまとめたもの、だと考えていい。

■ボッシュ5つのトータルサポート(ボッシュ公式HPより)
・工場監査
ボッシュ独自の作業地面測量により、大掛かりな工事なくメーカー基準を満たす作業環境を実現。
・認定トレーニング
ADASシステムの知識、故障診断ノウハウ、エーミング作業技術を習得。
・ツール
高精度・高品質なツールにより高い作業品質と作業効率を実現。
・作業エビデンス
正確な作業が施された事を証明するために必要な情報を記録し、クラウド上で保管
・ホットラインサービス
作業方法の問い合わせから故障診断の相談まで、幅広いニーズに対応。

「動的キャリブレーション」に頼り切って大丈夫なのか?

「より精密なADASエーミング」の必要性は、実際に現場で作業を行うプロからも注目されている。

実際にこの認定を取得しているボッシュカーサービス (有)山田自動車の山田勝也社長によれば、「適切にADASエーミングが行える」環境とノウハウは将来、絶対に必要になるものだと思ったそうだ。とくに、ゼロポジションを静止状態で精密に検査する「静的キャリブレーション」は、今後、自動運転化が実用化されればますますその必要性が高まっていく、と確信した。

もちろん投資は、けっして小さなものではなかった。だが一次作業(検査の前の準備)、静的エーミング、動的エーミングなどをしっかりこなし、走行テストを実施した後にエビデンス(整備内容を証明するもの)を提供する・・・という、当たり前だけれど重要なプロセスをトータルでのサービスとして確立することで、従来とは違う信頼をユーザーから獲得できた、という。

一方で、BCSやADASエキスパートの認定を受ける中で、日本の自動車整備事業に対する取り組みに対して「問題があるな」と気づかされることも、多かったようだ。

たとえば、適正な「静的キャリブレーション」を行うためのスペースや水平の床面など、作業環境そのものがしっかり整っていない整備事業者が、未だにある。時にはゼロポジションを決める作業時に、手書きのターゲットを手で持って測っている事業者もいるそうだ。

静的キャリブレーションを行うことなく、実際に走行しながらセンサー類の自律補正を行う「動的キャリブレーション」だけでエーミングは十分だ、という一部の「常識」にも、警鐘を鳴らす。

「そもそも勝手に自動エーミングしてくれる、なんてことはありえません。まずセロポジションを認識させてからでなければ、意味がないんです。高速道路などではとくに、精度の高いチェックがすごく必要だと感じます」(山田社長)

●■参考:静的エーミング/動的エーミングとは

【静的エーミング】
停止した状態で、カメラやセンサー類を調整するエーミングの手法。自動車の前方などに目安となるターゲットを設置、水平状態で正確に正対させてスキャンツールを操作、ターゲットの認識状態をチェックする。「特定整備」の対象。
【動的エーミング(走行エーミング)】
スキャンツールをクルマにつないだ状態で、一定の条件下を走行。動的エーミングのコマンドを実行することで車線や標識、前走車などを検知させる。メーカー、車種、年式によって走行シーン、速度、前走車との車間距離などが異なる(修理マニュアルに規定されている)。こちらは「特定整備」の対象になっていない。

ある意味「命を預けている」点検、整備を「価格」で判断していい??

いわゆるディーラーなどで使う「純正」エーミングツールの中にも、精度が疑わしい場合があるという話もあった。環境問題にも絡んでいるが、特定整備やADASエーミングの重要性に対する理解が浸透していないこともあって、事業者的には投資を抑えるケースがあるのだ。

それはおそらく、精度の高いADASエーミング作業の価値について、ユーザー側の理解が進んでいないことにも起因するのだと思う。山田社長によれば、日本の自動車整備における一般的な工賃水準に加えて、手間暇をかけたエーミング作業の対価を妥当だと感じてもらうためには、懇切丁寧な説明が欠かせない。

それでも一度信頼を得ることができれば「ADASエキスパート」というサイネージは、事業者としてとても強力な武器になり得る。巷では安さと手軽さを売りにする点検や車検を謳う場合も多いけれど、これからはあえて「プレミアムな点検整備」というバリューを誇るプロショップが誕生しそうな予感がする。

BCSにせよADASエキスパートサービスショップにせよ、明らかに高めの作業水準をしっかり保っていることを保証した「看板」は、なるほど、わかりやすい。「プレミアムな点検整備」に今、もっとも近い位置にあるアイコンなのかもしれない。(画像提供:ボッシュ株式会社、有限会社 山田自動車)