東日本高速道路(NEXCO東日本)、中日本高速道路(NEXCO中日本)、西日本高速道路(NEXCO西日本)、本州四国連絡高速道路、および宮城県道路公社では、「休日割引」の適用除外を2021年10月31日(日)まで延長すると発表した。(タイトル写真はイメージです)

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は解除されたけれど・・・

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、本州四国連絡高速道路、および宮城県道路公社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための国土交通省からの依頼を受け、2021年4月29日(祝)から高速道路および有料道路通行料金の「休日割引」適用除外を2021年9月26日(日)まで行っていた。

今回、9月30日で19都道府県に出されている緊急事態宣言と8件に適用中のまん延防止等重点措置はすべて解除されるが、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針において、緊急事態措置及びまん延防止等重点措置が解除された後の対策の緩和は段階的に行うこととされていることを踏まえた国土交通省からの依頼により、休日割引の適用除外を10月31日(日)まで1カ月間延長することとした。

「休日割引」は、普通車や軽自動車等のETC車を対象とした割引だ。したがって、本来「休日割引」の対象日となる10月の土日、2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)にETCを利用して高速道路や有料道路を通行した場合でも「休日割引」は適用されない。ただし、他の割引について変更はない。

11月以降の休日割引について、今のところアナウンスはされていない。2021年は東京オリンピック/パラリンピック 2020を開催した関係で、10月の祝日はなくなっているのだが、季節的にドライブに適した時季となる。とはいえ、さらなる感染防止拡大のため、不要不急の移動は自粛しておきたいものだ。(写真と図版:NEXCO東日本)