2020年10月11日、 F1第11戦アイフェルGPがドイツ・ニュルブルクリンクで開催され、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが優勝。2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、3位にはルノーのダニエル・リカルドが入った。

盤石のハミルトン、ついに史上最多勝に並ぶ

予選では同僚のバルテリ・ボッタスの快走の前に2位に終わったハミルトンが、レースで見事なタイヤマネージメントで優勝。ミハエル・シューマッハの持つ史上最多優勝記録91勝に並んだ。

スタート直後の攻防ではボッタスに首位をキープされたハミルトンだったが、13周目にブレーキングミスの隙をついて首位に浮上。ボッタスがリタイアした後は、追いすがるレッドブル・ホンダのフェルスタッペンを寄せ付けず、終盤のセーフティカーにも動じることなく、一気にスパートして記録的なF1通算91勝めのフィニッシュに飛び込んだ。

レース後にF2ドライバーのミック・シューマッハから父ミハエル・シューマッハのヘルメットをプレゼントされたハミルトンは「いつもミハエルが勝っていたのを見ていた。ずっと強かったからね。まさか自分が並ぶ日が来るとは思わなかったよ。チェッカーを受けて、ピットに戻ってきた時にようやく実感が湧いた。素晴らしいチームに恵まれて、サポートしてもらっているおかげだ」と感激のコメント。

これでドライバーズ選手権でもボッタスとの差を69点にまで広げ、同じくシューマッハの持つ史上最多タイトル獲得記録6回に並ぶのはもはや確実な情勢だ。

衝撃発表後の一戦でフェルスタッペン意地の最速ラップ

ホンダの「来季限りでのF1活動終了」発表直後のレースでフェルスタッペンが意地を見せた。

雨で金曜日の走行がキャンセルされる異例の展開となったが、予選までにきっちりマシンを仕上げてメルセデス2台の僅差の3番グリッドを獲得。レースでも序盤からひとりメルセデス勢に食らいつき、ボッタスのリタイアによって2番手に浮上。首位ハミルトンには地力の差を見せつけられて追いつけなかったものの、最終ラップにファステストラップを出してボーナスポイント1点を獲得して見せた。

ホンダ勢はアルファタウリのピエール・ガスリーが6位。ダニール・クビアトが15位。レッドブルのアレクサンダー・アルボンはリタイアに終わっている。

次戦第12戦ポルトガルGPは、10月25日、アルガルベ・インターナショナルサーキットで開催される。

2020年F1第11戦アイフェルGP 決勝 結果

優勝 44 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 60周
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)+4.470s
3位 3 D.リカルド(ルノー)+14.613s
4位 11 S.ペレス (レーシングポイント・メルセデス)+16.070s
5位 55 C.サインツ(マクラーレン・ルノー)+21.905s
6位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)+22.766 s
7位 16 C.ルクレール(フェラーリ) +30.814s
8位 27 N.ヒュルケンベルグ(レーシングポイント・メルセデス) +32.5966s
9位 8 R.グロージャン(ハース・フェラーリ) +39.081s
10位 99 A.ジョビナッティ(アルファロメオ・フェラーリ) +40.035s

15位 26 D.クビアト(アルファタウリ・ホンダ)+55.588 s
23 A.アルボン (レッドブル・ホンダ)リタイア

F1ドライバーズランキング(第11戦終了時)

1位 L.ハミルトン(メルセデスAMG)230
2位 V.ボッタス(メルセデスAMG)161
3位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)147
4位 D.リカルド(ルノー)78
5位 S.ペレス (レーシングポイント・メルセデス)68
6位 L.ノリス(マクラーレン・ルノー)65
7位 A.アルボン (レッドブル・ホンダ)64

F1コンストラクターズランキング(第11戦終了時)

1位 メルセデスAMG 391
2位 レッドブル・ホンダ 211
3位 レーシングポイント・メルセデス120
4位 マクラーレン・ルノー 116
5位 ルノー 114
6位 フェラーリ 80
7位 アルファタウリ・ホンダ 67