「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、プジョー 508だ。

プジョー 508(初代:2011年)

プジョーのフラッグシップが「508」に進化した。新しいプジョーデザインを採用した初の量産モデルで、ダウンサイジングエンジンを搭載。セダンと、ワゴンのSWが同時に日本デビューを果たした。

508は、これまでのアグレッシブなプジョー デザインから一転、エレガントで美しい新世代デザインに変身した。ボディバリエーションはセダンとワゴンのSWがあり、いわゆるDセグメントのアッパーミドルクラスに属する上級モデルだ。全長は4.8m近く、全幅も1.85mを超えるボディサイズはけっこう大きいが、デザインの妙から威圧感はなく、おとなしい佇まいで好感が持てる。

このサイズだと従来は2L以上のエンジンを搭載しているのが普通だが、日本仕様の508ではプジョーのダウンサイジング戦略に則って1.6Lのガソリンターボを搭載する(本国にはディーゼルターボもラインナップされている)。

このエンジンはCセグメント ハッチバックの308などに搭載されているものと共通だが、508に合わせたチューニングがなされている。トランスミッションも日本仕様はアイシン製の6速ATとなり、プジョーらしい乗り心地や、クラスにふさわしいパファーマンスと質感を標榜する。

日本仕様ではセダンのエントリーグレードとなる「アリュール」でもカーナビが標準となるなど、装備についての不満はない。それでいながら374万円というプライスは、なかなか買い得感の高い設定といえるだろう。

走りっぷりは十分以上。プジョーの「猫足」も健在

アイドリングの振動は日本車ほど重要視していないのでハンドルに伝わってくるものはあるが、走り出してしまうとほとんど気にならない。しかも1.6Lという排気量から想像される以上に走りっぷりはトルクフルで、508にちょうど良いパフォーマンスを与えている。

最高出力は156psと1.6Lターボらしいが、最大トルクの24.5kgmをわずか1400rpmから発生する粘り強いエンジン特性で、しかも車両重量は1520kgとサイズのわりには軽いために、登坂のきついワインディングロードでも不足のない動力性能で、追い越しも楽々とこなすことができる。

ハンドリングもシュアだ。ロールとピッチングのバランスに優れ、サイズを感じさせず軽快でフットワークが良い。左右にハンドルを切り返す場面でもロールが良くチェックされており、不安感はまったく抱かせない。高速道路での直進安定性も従来型の407から飛躍的に高められており、静粛性の高いキャビンとともに高速ツーリングもリラックスして行える。

そして注目の乗り心地だが、プジョーと言えば「猫足」。しなやかであることに変わりはないが、腰のあるしなやかさになった。細かいハーシュネスは感じるものの、快適な乗り心地の方が印象に強く残る。シュアなハンドリングとしなやかな乗り心地のバランスがよく取れており、プジョーの情熱が感じられた。

●■プジョー 508 アリュール 主要諸元

●全長×全幅×全高:4790×1855×1455mm
●ホイールベース:2815mm
●車両重量:1520kg
●エンジン種類:直4 DOHCターボ
●排気量:1598cc
●最高出力:115kW<156ps>/6000rpm
●最大トルク:240Nm<24.5kgm>/1400-3500rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:横置きFF
●JC08モード燃費:11.0km/L
●タイヤ:215/60R16
●当時の車両価格(税込):374万円